• 最新刊
  • おすすめ

【予約】季刊〔ビィ〕Be!149号……《特集》「めんどくさい」への対処法

  • 発行:2022年12月
  • 価格:957円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:ISBN978-4 909116-31-4

季刊Be!は年間購読がお得です!

年4回季刊Be!本誌をお届けします。
(3・6・9・12月の10日発行)
年間購読について詳しくはこちらをご覧ください。

特集<生きていれば必ずある…>

「めんどくさい」
 への対処法

日常的なレベルから、トラウマ症状としての「生きるのがめんどくさい」まで。
3人の専門家と考えます。
ほんのちょっとした工夫で違ってくることや、発達の特性に応じたアドバイスも。 

【PART1】
相談場面で出会う「めんどくさい」―3つのキーワード【山本由紀】
【PART2】
先延ばしによる悪循環から、抜け出すヒント【中島美鈴】
【PART3】「めんどくさい」が生まれるとき、脳はどうなっている?
【菅原洋平】
読者の体験

第2特集<あらためて考える>

依存症と発達障害

ADHD(注意欠如・多動症)、ASD(自閉スペクトラム症)の特性をベースにもつ人の「依存症からの回復」について考えます。
当事者の手記と、治療現場からのリポートで構成。

●当事者4人の体験
●双方向の治療とサポート
【常岡俊昭 中村暖】
●特性への「セルフ処方」で薬物に依存した私が、親となって見えた景色
【エッセイ+写真 風間暁】

今号の注目!<特別企画>

「宗教虐待」
―もうひとつのAC問題

いわゆる「宗教二世」について、AC問題という切り口でとりあげます。
まずは『「神様」のいる家で育ちました~宗教2世な私たち~』の作者で、かつアルコール依存症の父のもとで育ったACでもある菊池真理子さんに編集部がインタビュー。
続いて、3人の当事者の体験手記をお届けします。

【PART1】何を信じ、何をほしがり、何を感じるか……その自由を奪われるということ――宗教二世の痛み【菊池真理子】

【PART2】「宗教二世」たちの体験

インタビュー

橋爪遼さん
薬物事件から五年、いい子を演じるのをやめた

若手バイプレイヤーとして活躍していた橋爪遼さんが、覚せい剤取締法違反の罪で逮捕されたのは、20176月。
父親は、人気俳優としてテレビや映画、舞台と大活躍している橋爪功さんだ。
逮捕後、関西にある依存症の回復施設に入寮し、回復プログラムに取り組んでいたという。
社会復帰に向けて動き始めた橋爪さんに、話をうかがった。

【取材・文 塚本堅一】

Topics

◆グッド・プレス賞 20192021 私たちがメディアに期待すること

◆国税庁主催「サケビバ!」に異論噴出!

◆ほどけそうな、息――児童相談所を舞台にした映画が問いかけるもの

【有馬知子】

◆基本法NOWアルコール関連問題啓発週間2022 啓発ポスターは女性向け

好評連載

【エッセイ】自己責任社会に抗う!
(5)揺れ続ける「居場所」

【鴻巣麻里香】

三森みさの心の穴を癒す旅
(5)謝罪と変化

アサーティブトレーニングが教えてくれる「相手といい関係をつくる」知恵
(11)信用してほしいのに

【中野満知子】

「生きづらさ」支援の現場を歩く
(4)在留外国人の「生きる」「住む」「働く」を支援する、3つの団体

【有馬知子】

依存症支援の現場から
《リレー式》ソーシャルワーカー日記
(6)家族は「無力」ではない

【齊藤健輔】

【エッセイ】
総合病院のアルコール治療奮闘記(3 最終回)

【竹内真弓】