季刊〔ビィ〕Be!147号……《特集》ひとりぼっちのサバイバル〈出口はどこにあるのか?〉

  • 発行:2022年6月
  • 価格:957円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:ISBN978-4 909116-29-1

季刊Be!は年間購読がお得です!

年4回季刊Be!本誌をお届けします。
(3・6・9・12月の10日発行)
年間購読について詳しくはこちらをご覧ください。

特集 トラウマ、アディクションと「孤立」

ひとりぼっちの
サバイバル

出口はどこにあるのか?

アディクションは「孤立の病」とも呼ばれます。
トラウマ体験は、誰も助けてくれなかった「ひとりぼっち」の記憶です。
そして社会学者は、「孤立と排除」が次世代まで連鎖する構造を指摘します。
3人の専門家とともに、出口を探す特集です。

◆プロローグ 「孤独」と「孤立」はどう違う?【小林桜児】
◆PART1 「多様化」の裏側で起きていること【石田光規】
◆PART2 ひとりぼっちの「鎧」を脱ぐとき【白川美也子】
◆PART3 つながるための「言葉」を獲得する【小林桜児】
仲間の体験

〈写真 風間暁〉

今号の注目!

《特別企画》
アディクション当事者が
当事者の支援を仕事にする
「強みとリスク」

30年ほど前は「回復者カウンセラー」という言葉が新鮮だった。今では当事者が依存症治療や回復支援の場で仕事をすることは、めずらしくない。
「当事者」であることと「支援の専門職」であることとの兼ね合い、また、当事者性の強みとリスクとはーー。
3人の手記、そして2人に寄稿をお願いした。
【寄稿 市川岳仁 佐竹節子】

インタビュー

ブル中野さん
肝硬変で断酒、人生が変わった

【取材・文 塚本堅一】

女子プロレスラーとして一世を風靡したブル中野さん。
憧れていた世界に入ったものの、悪役の道へ進むことへの大きな抵抗感、当時の過酷な育成環境、十代で始まったアルコールとのつきあい、そして引退後に経験した「人と話せない」つらさ……。
かざらない言葉でリアルに語ってくださいました。

Topics

◆今こそ
本気のギャンブル対策が必要だ!

◆八街市五児死傷 飲酒事故
公判傍聴レポート《2》

【井上保孝・郁美】

◆命と尊厳を守るため
「ひきこもる権利がある」
――動き始めた当事者たち

【有馬知子】

◆安全な飲酒は存在しない。
世界心臓連合が政策提言

◆基本法NOW
7都道府県が第2期計画を発表!
意欲的な内容が続々

◆追悼 近藤恒夫さん

好評連載

【新連載エッセイ】
総合病院のアルコール治療奮闘記

【竹内真弓】

【エッセイ】自己責任社会に抗う!
(3)自由は「生産性」の対価なのか?

【鴻巣麻里香】

三森みさの心の穴を癒す旅
(3)恋愛じゃ変わらない

「生きづらさ」支援の現場を歩く
(2)HIV陽性者と周囲の人を支援する ぷれいす東京

【有馬知子】

依存症支援の現場から
《リレー式》ソーシャルワーカー日記
(4)資源を見つけ、コーディネイトする

【中山由紀子】

アサーティブトレーニングが教えてくれる「相手といい関係をつくる」知恵
(9)「約束」はしないで!

【中野満知子】

もっと知りたい人に