• 最新刊
  • おすすめ

季刊〔ビィ〕Be!140号……《特集》宙ぶらりんを生きぬく力

  • 発行:2020年9月
  • 価格:957円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:ISBN978-4 909116-17-8

特集

宙ぶらりんを生きぬく力

答えが出なくても。先が見えなくても。

注目される「ネガティブ・ケイパビリティ(負の力)」とは? 今と向き合うヒントがここに。

PART1 何とかしているうちに、何とかなる。【帚木蓬生】

PART2 読者の手記…回復の中でどう過ごしているか

PART3 転んでも、ただでは起きない。【信田さよ子】

PART4 手間暇かけるから、本物になる。【西脇健三郎】

今号の注目!

◆こんなとき、どうしたらいいの!? 《家族の体験》ゲームとSNSへの依存

ゲームばかりで留年が決定した息子。治療の場を探して電話をかけ続けた……。 不登校の娘がSNSに入れ込むうち中傷され「死にたい」と言うように……。 親の立場で何に悩み、どう感じ、どう行動したか、まとめていただきました。

 

インタビュー

白石 和彌 さん 私の映画と原点 家族の飲酒問題

【取材・文 塚本堅一】 仕事が続かない父、酔いつぶれている母。 「子どもの頃の記憶で明確になるのも、この時期からで、つまり記憶の始まりが、家族の別れだった」と監督は話す。作品の中でも、この時期の記憶を描くことは多いという。 『日本で一番悪い奴ら』を撮ったときに薬物依存症者と出会い、それまで抱いていた偏見が消えていった。 ピエール瀧さんが逮捕された際、監督は「排除ではなく治療につなげるべき」とコメントを出し、いずこも自粛の嵐の中、ピエールさん出演のシーンも差し替えなしに上映となった。 そして今、監督は回復施設のドキュメンタリーを撮影中だ。

Topics

◆家が「しんどい」子どもたち 《ルポ》コロナ禍で増えた虐待・少女の妊娠に向き合う【有馬知子】

◆続 コロナに負けない仲間たち オンライン・ミーティングの挑戦と成果! *ルームADNG *オンライン「ズーム断酒スクール」【二神啓通/島内理恵/海野順】

◆日本にはどうして、明るくハッピーな依存症回復ドラマがないんだろう?  ……だから作りました!【田中紀子】

◆緊急調査 コロナ×特別定額給付金&パチンコ休業要請 ギャンブル依存症当事者・家族はそのとき?

◆依存症からのリカバリーを伝える一冊 『薬物依存症』清原和博著【塚本堅一】

基本法&依存症対策NOW

これがおすすめ! 本と映画のアディクション散歩【映画編】

好評連載

発掘! 依存症地域連携モデル【8】新潟編(ギャンブル) 県内各地に広がっていく連携が、すごい!

シリーズ 薬物依存症家族のリレーエッセイ(2) 黙って我慢することは美徳じゃなかった

連載 連携への歴史をたどる 地域のアルコール医療、あの頃こうして始まった【猪野亜朗】 (2)断酒会結成と「断酒の家」

連載 アサーティブトレーニングが教えてくれる 「相手といい関係をつくる」知恵【中野満知子】 2「言わなくてもわかってる!」

女性たちの生きる選択!【番外編】 子どもたちの「生きる選択」のために【東玲子】

「老いの断酒学」34 禁酒同盟と断酒会(1)【小林哲夫】