• 最新刊
  • おすすめ

季刊〔ビィ〕Be!138号……《特集》「被害者意識」の正体 トラウマをとりまくもの

  • 発行:2020年3月
  • 価格:957円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:ISBN978-4 909116-15-4

特集

トラウマをとりまくもの

「被害者意識」の正体

アディクションや暴力は、どうやって私たちの人生に入り込むのか?
「被害」と「被害者意識」はどう違うのか?
なぜ加害者は「被害者意識」をもつのか?
ACが「被害」を自覚すべき理由とは?
……日本とカナダで加害者臨床に取り組んできたお二人の話を通じて、「自分で選ぶ生き方」 のヒントが見えてくる。
【協力 信田さよ子 髙野嘉之】

◇PART1
 なぜ被害と加害が逆転するのか

*謎の解明(支配と暴力)

◇PART2
 ACが「被害」を自覚する意味

*謎の解明(被害と被害者意識)

◇PART3
 「第一ページ」を開けてみる作業

*依存症や暴力加害に向き合う

◇PART4
 感情を自分のものとして引き受ける

*ACをはじめみなさんへの問い

今号の注目!

「ゲーム障害」治療の最前線
——久里浜医療センターのプログラム
【三原聡子】

タイプごとの基本アプローチ、集団治療の意味、発達障害の伝え方、暴力への対応など、 とことんお聞きしたロングインタビュー。 同センターによる「ゲーム使用状況の実態調査」についても、コラムでお伝えする。

インタビュー

三宅晶子さん

罪を犯した人が仕事で笑顔になるように

日本では、ここ数十年にわたり犯罪件数(刑法犯)は減り続けている。その一方で、再犯者 率は上昇していることを知っているだろか。二人に一人が刑務所に戻ってしまう現実。 再犯の重要なポイントとして、社会復帰して仕事についているかどうかが挙げられる。再 犯時、約7割の人は仕事がない状態なのだ。 そんな中、過去の罪を知ってもらった上で仕事を探すことができる、就職情報誌『Chance!! (チャンス)』が注目を集めている。 発行人の三宅晶子さんに話を伺った。

Topics

《東日本大震災から9年》
福島でトラウマに寄り添う

*気になる被災地のアルコール依存症対策は? 【協力 蟻塚亮二ほか】

イッキ飲み・アルハラ
防止キャンペーン2020
「酔いつぶし、放置し、死なせてしまった」責任を問う

メディアの薬物事件への反応が変わった!<あなたはどう受けとめた? >

基本法NOW

第一次基本計画の見直しスタート
一般医療がアルコール依存症治療の第一段階を担う時代へ!

ギャンブルも、「最低限」アルコール並みの広告規制してください!

2019年に出た
アディクション+AC関連の本

好評連載

発掘! 依存症地域連携モデル
【6】岡山編

こころの健康センターが仕掛ける、手厚いネットワーク戦略! 【太田順一郎】

連載 女性たちの生きる選択!
DV・モラハラ・依存症…

【4】養育費、生活保護……
再出発のプランづくり【東玲子】

連載
依存の《入り口》に立つ子どもたち

6(最終回)エナジードリンクの罠
【秋山千佳】

生きる自信!
アサーティブ・トレーニング

10(最終回)
あなたは誰からも敬意をもって扱われていい
【中野満知子】

アートセラピーの世界12

アートセラピーと防衛機制《下》
【安斎圭清イボンヌ】

「老いの断酒学」(32)

家系と世代連鎖1【小林哲夫】