季刊〔ビィ〕Be!125号……特集/相模原事件のこと、きちんと言葉にしよう。

  • 発行:2016年12月
  • 価格:864円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:978-4-901030-27-4

特集

相模原事件のこと、きちんと言葉にしよう。

2016年7月26日、神奈川県相模原市「津久井やまゆり園」で起きた事件。
私たちに何をもたらしたのか。
ここからどこへ歩き出せばいい?
きちんと言葉にするところから始めたい。

PART1【上岡陽江×松本俊彦×熊谷晋一郎】事件が私たちに与えた衝撃

PART2【高木慶子】私たちみんなが、何かを喪失した

PART3【尾上浩二】死んでよかったというような命はない

PART4【山口真一】ヘイトの背景にある「正義感」とネット

PART5【向谷地生良】お互いを大事に思える対話を取り戻そう

インタビュー

小田嶋隆さん
「酔いの中で、芸術は生まれない。」

アルコール依存症と診断され、断酒20年のコラムニスト、小田嶋隆さん。文学や芸術の世界で飲んだ末の死が美化されやすい風潮に異議を唱える。
「実際に滅びた人を間近で見たり、その人の残骸を整理したり、自分が片足を突っ込んだとき、そこに美しさなんてありません。これを芸術に結びつけるのが、いちばんよくない」

Topics

◆啓発の秋
・アルコール関連問題啓発週間2016
・全国7ヵ所でリカバリー・パレード「回復の祭典」! 関西【浅井登】/横浜【笹井健次】
・アディクション・ライブラリー【倉田めば】

◆どう進む? アルコール健康障害対策「基本計画」

◆カサンドラ症候群 知恵を共有する仲間たち(3)「ちょっと変わった人生」もいいじゃない?【SORA】

◆心の「地雷」を安全に取りのける 共依存と感情《後編》【水澤都加佐】

◆ファシリテーションって何だろう?【高橋聡美】

好評連載

◆アルコール相談シリーズ2
父と息子が酔って暴力、どうすればいい?
【奥田由子/坂本満/田中紀子】

◆うえだのぶ の連載エッセイ3 ばあちゃんの心意気

◆ぷるすあるはが贈る《イラストコラム》(2)

◆若手ドクター《関西リーグ》(5)地域のニーズに とことん応える診療所【安東毅】

◆依存症回復者に聞く 第二の依存に、どう向き合っている?

◆「老いの断酒学」(20)「指針と規範」のできるまで(上)【小林哲夫】

◆TRUE COLORS JAPAN ファシリテーター☆リレーエッセイ 15アサーティブとTC、両方を伝えているわけ【中野満知子】

◆アサーティブに生きれば、なんとかなる!!
<23>「怒りの言葉」が出そうなとき【木村久子】

その他

◆読者のページ/ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)のアクション/イベント・データ/ビィ用語集

もっと知りたい人に
  • [季刊ビィ]Be!増刊号No.25 脱!世代連鎖

    雑誌

    アルコール・ギャンブル・薬物依存、摂食障害、虐待…… ▼世代を超えて問題が受け継がれていくしくみとは? ▼傷つけてしまった子どもに対して、今できることは? ▼連鎖を抜けるカギになるのは?
  • 季刊Be!年間購読

    雑誌

    ★12月発行の増刊号も合わせて、年間5冊お届けします!