• 最新刊
  • おすすめ

季刊〔ビィ〕Be!129号……特集/まったく別の病気だった!うつ病と躁うつ病(双極性障害)【予約受付中】

  • 発行:2017年12月
  • 価格:864円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ

特集

まったく別の病気だった!「うつ病」と「躁うつ病(双極性障害)」

~ここまでわかった脳科学/アルコール依存症との接点~

「うつ病」は一つの病気ではなく、さまざまな病態が集まった「症候群」。
「躁うつ病(双極性障害)」は、「脳という臓器の病気」として解明が進んでいる。

この2つ、治療薬もまったく違うのに、「うつ状態」は共通だからやっかい!
次々と診断名が変わって、症状をこじらせていくケースも多い。 さらに、アルコール依存症とも合併しやすい。

……意外と身近な二つの病気、いま知っておきたいことが満載だ。
体験手記とともにお届けする。

【取材協力】加藤忠史 平野建二
●PART1 研究の最前線―― どこまでわかった?「脳という臓器の病気」
●PART2 アルコール臨床の知恵を活かす―― 回復のカギは病気の理解と「自己観察」だ
●PART3 体験手記 うつ病/双極性障害&アルコール依存症

●編集部のまとめ

インタビュー

落語家 桂 雀々さん 母が蒸発、父も失踪。ギャンブル家庭で育って。

雀々さんの母が突然消えたのは、小学6年生のときだった。

家に帰って「ただいま」と言っても父は上の空。
「お母ちゃんは?」と聞くと「……おぉ、出て行きよった」。
そうして始まった、ギャンブルと借金だらけの父との生活。

雀々さんはどうやって生きのび、運命を切り開いたのか。
人気落語家となった今、親への思いは?

Topics

◆《緊急座談会》家族の提言
アルコール・薬物・ギャンブル
依存症対策こうしてほしい! 【島内理恵・横川江美子・田中紀子】

◆国際セミナーfromスペイン アディクションと重複障害【カルメン・ヒメノ】

◆「ギャンブル依存症が疑われる者320万人」の全国調査 前回調査より減った?……など、 すべてのギモン徹底解説!【松下幸生】

◆基本法NOW アルコール関連問題啓発週間と国・自治体の動き

◆笑いと涙で伝える、アルコール関連問題の予防と支援 ――病棟ナースたちの出前講座

◆初の調査研究に驚き! えっ! 大学生の半数以上が「ビンジ飲酒」【吉本尚】

◆ハルくん全国プロジェクト お国ことば、さらに広がっています!

◆今年は8ヵ所で! リカバリー・パレード「回復の祭典」

◆投稿手記 アルコール依存症の父と知的障害のある姉、 私は母の「小学生カウンセラー」

好評連載

◆《新連載》生きる自信! アサーティブ・トレーニング
第一回 「いい人」をやめたら、心の自由が戻ってきた 【中野満知子】

◆うえだのぶ の連載エッセイ【番外編】 教師による「虐待」――私だけじゃなかった!

◆依存症者の家族に聞く  酒・薬・ギャンブル「ココ」がいちばん大変だった!

◆「老いの断酒学」(24)「機能不全家族」の世代連鎖(3)【小林哲夫】

◆ぷるすあるはが贈る《イラストコラム》(5)

その他

◆読者のページ/ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)のアクション/イベント・データ/ビィ用語集

もっと知りたい人に