季刊〔ビィ〕Be!106号……特集/信じることの効用

  • 発行:2012年3月
  • 価格:880円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:978-4-901030-80-9

特集

大丈夫、なんとかなる! 信じることの効用

いつになったら、つらさから抜けられる?
私の選んだ道は、間違っていない?
この人と一緒にやっていて、希望はある?
《1》あなたにとって「信じる」とは?
《2》信じると、何が変わる?
《3》「何とかなる」と思えないとき
《4》相手を信じることの意味
●傷ついて信じられなくなっている女性たちへの援助【大嶋栄子】
一人一人の力を信じて引き出す!【ハワード・カツヨ】

Be!インタビュー

音無美紀子さん 「階段は、一気に駆け上がらなくていい。」

「乳がんとうつ、どちらがつらかったかとよく聞かれます。
私はうつの方がつらかったです」 親として、女優として「役に立たない自分」への苦しみを、「三歩進んで二歩下がりながら」抜け出してきた道のりとは?

TOPICS

◆仮設住宅のアルコール問題に取り組む!
◆回復者と家族に聞く、震災からの日々
◆アル法ネット設立へ!
◆一般精神科における「うつ×飲酒」「向精神薬」の問題【松本俊彦】
◆刑務所でのアルコール教育ここまで進んでいる! 市原刑務所(上)【丸山寿】
◆偏見をなくす出会いの場「ヒューマンライブラリー」
◆2011年に出たアディクション+AC関連の本

好評連載

◆新連載エッセイ「老いの断酒学」
 <1>老いと否認【小林哲夫】
◆アルコール依存症家族の 今だから、言わせてもらいます!
 <2>無駄なことはやめよう。努力の方向を有効に使うのがいい。【島内理恵】
◆名物ドクターのアルコール教室【植松直道ドクターの巻】
 <3>けったいな病気やね
◆プロジェクト・オンブレ発!「生きる力」開発プログラム
 <6>自分に焦点を当てる【近藤京子】
◆TRUE COLORS JAPANファシリテーター☆リレーエッセイ
 <6>おもしろさと奥深さに、はまった! 【乾敏子】
◆アサーティブに生きれば、なんとかなる!
 <5>「目は口ほどにものを言う!」【木村久子】
◆メンタルトレーニング<21>逆になりがち【岡本正善】
◆アルコール依存症 きほんのき[第9回]回復の4段階とは
◆赤木かん子の「児童文学は心の傷を読み解く宝庫だ!」
 その14 わたなべまさこ
◆自分にOKを出すこんな言葉!<22>

その他

◆読者のページ/ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)のアクション/イベント・データ/ビィ用語集

もっと知りたい人に