《回復のためのミニガイド》(02)「暴力」への上手な対応

  • 改訂:2012年1月
  • 価格:158円(税込)
  • 割引:20冊以上は電話(03-3249-2551)注文で2割引!!
  • 編集・発行:特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 協力:遠藤優子(遠藤嗜癖問題相談室・元室長)大工原秀子(保健師)村岡英雄(ゆたかクリニック院長)
  • A5判/8ページ

解説

飲酒にともなう「暴力」に悩む家族のために。殴る・物を壊す・暴言・むりやりのセックス――どうすればいい? チェックリストや行動リストつきでコンパクトに解説。
『アルコール・シンドローム』『季刊ビィ』での連載を冊子化した人気シリーズ。

主な内容

1.飲酒と「暴力」――何が起きているのか
依存症にともなって暴力の問題が起きることは多い。しかも、飲酒問題を解決しようと家族が努力することで、さらに暴力がひどくなるという悪循環も起きやすい。

2.「暴力」から身を守る――家族のために
どんな理由があろうと、暴言を受けるいわれはない。けれど長いこと暴言・暴力にさらされていると、身を守る行動がむずかしくなってしまう。有効な対応は?

3.「暴力」からの解放――本人と家族のために
今後のことは、どうしたらいい? 飲酒問題の解決、関係の作り直し、それが困難な場合の対策など。

もっと知りたい人に