《回復のためのミニガイド》(08)アルコール依存症は何を病むのか?

  • 価格:158円(税込)
  • 割引:20冊以上は電話(03-3249-2551)注文で2割引!!
  • 編集・発行:特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 協力:水澤都加佐(アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長/HRI所長)
  • A5判/8ページ

解説

「依存症です」と診断を受けた人は、たいてい混乱します。反発、ショック、不安……そこにはこの病気への誤解もあります。本当のところは、どうなのか? コンパクトに解説。
『アルコール・シンドローム』『季刊ビィ』での連載を冊子化した人気シリーズ。

主な内容

1. アルコール依存症とは?
まずは「外側から見た」この病気の正体を明らかにしておきましょう。誰でもかかる病気、進行性で死に至る病、など。

2. どのように病んでいったのか?
どこにでもいる「ふつうの酒飲み」が、ある日突然、依存症になるわけではありません。ずっと以前から、病気は徐々に進行していたのです。

3. 失ったもの、得たものは?
お酒によって失ったものの中には、まもなく取り返せるものもあれば、そうはいかないものもあります。一方、しらふになることで、新しく得るものもあります。

もっと知りたい人に