落とし穴に落ちないために

医療・保健・福祉・介護・教育など「人を援助・治療・指導」する仕事には、やりがいと同時に、リスクも伴います。適切なスキルを学ばないまま続けていると、対象者にとってよい援助ができないだけでなく、援助者自身にもバーンアウトなど人生上の危機が訪れる危険もあるのです。
にもかかわらず、こうした基本スキルを学ぶ機会や、スーパーバイズを受ける機会が、日本の援助職には決定的に不足しています。
多くの人にとって課題となるのは、次のようなことです。

IMG_0031

セルフケア、自己モニター

まず、自分自身のケアができないと他人をケアできません。
対人援助の仕事を続けていくには、セルフケアの具体的な方法を実践できることが大切です。
また自分が何を感じているか、今どんな状態にあるか、無理をしていないかなどをモニターし、健康的に対処する手段を身につけることも欠かせません。

対象者との適切な境界

時間・空間・感情・責任・尊厳など、各分野の境界を適切に保つことは、対象者と援助者双方の安全を保つ前提条件になります。
援助を必要としている対象者は、しばしば自他境界がわからない状態に陥っています。援助する側が境界設定の多様なスキルを使いこなすことで、健康な境界のモデルを提示することもできます。
また境界を設けることで、援助者は共感疲労やトラウマの二次受傷を防ぐことができます。

自分自身の課題と向き合う

援助のプロセスで、援助者自身の成育歴や喪失体験などの課題が浮かび上がってくることは少なくありません。
それは、特定の対象者や状況への過度な反応あるいは無反応となって現われることも多く、援助の質に大きく影響します。
また、援助の仕事を続けていれば、常にうまくいって感謝されるばかりということなどあり得ません。対象者に怒りをぶつけられることもあれば、対象者が亡くなることもあり、援助者はストレスやグリーフへの対処が必要となります。

スキルアップ

より良い援助を行なうためのスキルを学ぶことは、常に欠かせません。
自分が使えるツールが増えれば「援助の引き出し」が多くなります。
自分の分野に隣接する分野の知識を得ることで、視点が広がります。
そして何より、学ぶことはリフレッシュになり、仲間との出会いにもつながります。

タグ:

対人援助
もっと知りたい人に
  • 「もえつき」の処方箋

    書籍

    職場で、家庭で、人間関係の中で、疲れ果てていませんか? がんばってもがんばっても報われないどころか、怒りすら感じる……それは「もえつき」のサインです。 特に援助職にとっては、「もえつき」(バーンアウト…
  • グリーフワーク 悲しみを癒す作業(7月コース)

    セミナー

    ★過去の喪失による悲しみを癒したい人だけでなく、長年かかえてきた痛みや重荷を手放したい人、新しい生き方を探している人のために。 ★グループの暖かい共感の中で、少しずつ自分の後悔・怒りなどの感情や、その…
  • グループ・ファシリテーションの理論とスキル ★早割実施中

    セミナー

    おもなプログラム グループをファシリテートする基本となる3つの要素<Be→Set→Do>を体験しながら、実際にやってみましょう! <1日目>理論とディスカッション 【Be→Set】 単なる司会ではない…
  • 家族をどう援助するか

    セミナー

    ★アディクションや思春期問題、その他の疾病や問題を抱えた家族からの相談を受けたり、援助を行なう立場にある方を対象としています。医療・保健・福祉はもちろん、介護分野などの方もどうぞ。 ★また悩んでいるご…
  • 通信セミナー「私を生きる」スキルIII セルフケアと人生設計

    通信講座

    セルフケア=自分で自分をケアすること。 言葉で言うのは簡単ですが、実行するのは案外むずかしいのです。 援助職も「他人の面倒をみる」ことには慣れていても、「自分の面倒をみる」のは苦手という場合が多いもの…
  • 季刊Be!

    季刊Be!

    当事者・家族・援助者がともに読める、回復とセルフケアの最新情報誌。