誤解していませんか

アルコール依存症、薬物依存症…… ほかにも、ギャンブル、食べ物、買い物、恋愛、性など、人は、さまざまなものに依存します。 依存症という病気には、たくさんの誤解と偏見があります。 世間の誤解や偏見に、家族は苦しみます。 本人も同じ偏見をとりこんで「まさか自分はそこまで落ちていない!」と考えがち。 これは病気の発見・治療が遅れる原因のひとつです。 よくあるのはこんな誤解です。 あなたの中にもありませんか?

10409385_715854128495338_3241335285548538451_n

【誤解と偏見1】 意志が弱いから、やめられないのだ

いったん依存症という病気になると、「これ以上はまずいから、やめておこう」と思っても、コントロールがきかなくなります。これは意志が弱いからではなく、病気の症状です。 精神力では病気は治りません。治療が必要です。

【誤解と偏見2】 依存症になるのは、社会に適応できない弱い人だ

社会的立場や能力などに関係なく、誰でも、依存症になるリスクがあります。 ハリー・ポッターの主人公を演じた英国の俳優ダニエル・ラドクリフ、オーストラリアの水泳の金メダリストであるイアン・ソープもアルコール依存症をカミングアウトしています。アメリカでは、元大統領夫人のベティ・フォードさんなど多くの有名人がアルコール・薬物依存症治療を公表しています。

【誤解と偏見3】 依存症になるのは、自己管理ができない甘えた人だ

実際には、この病気はだらしなく甘えた結果ではなく、むしろ過度なストレスや心の傷、喪失感に必死で対処しようとした結果であることが大半です。専門家が、依存症のことを「自己治療」と呼ぶのはそのためです。 周囲に助けを求められず、自力で何とかしようとしていたからこそ、深みにはまったのです。

【誤解と偏見4】 どうせ死ぬまで、治らないだろう

依存症は回復・社会復帰が可能な病気です。多くの人が、専門治療を受けたり自助グループに通うことで、心身の健康を取り戻しています。 現在では治療の選択肢も徐々に増え、たとえば仕事をしながら夜間に通えるクリニック等もあります。

関係をこわす病気

いずれの依存にも共通するのが、周囲の人への多大な影響です。 家族や親友・恋人など、その人のことを大切に思っている人ほど、この病気に振り回され、いくら努力しても事態はよくならず、疲れ切ってしまうことが多いのです。 依存症という病気は、そこに巻きこまれた人々を、お互いに孤立させます。 本人を治療・援助につなげるためにも、周囲にいる人には専門的な知識とサポートが必要です。

1人で悩まないでぜひ相談してみて下さい。

さまざまな依存症がありますが、それぞれ相談を受け付けている場所があります。ぜひ一人で悩まないで一度相談してみて下さい。(以下リンク先はNPO法人ASKのページになります)

アルコール問題の相談先

薬物問題の相談先

ギャンブル問題の相談先

その他の問題を含む、自助グループ一覧

精神保健福祉センター・保健所は、アルコール健康障害対策推進基本計画で定められた当事者や家族の相談支援を担う要であり、指導、相談、社会復帰につなげる体制づくりを行なっています。(以下リンク先は厚生労働省のページになります)

厚生労働省・全国の精神保健福祉センター一覧

厚生労働省・保健所管轄区域案内

アスク・ヒューマン・ケア2019年度特別プロジェクト「お酒のなやみなんでも相談電話」について

株式会社アスク・ヒューマン・ケアでは、アルコールの悩みに特化した専用の電話相談窓口を2019年度の特別プロジェクトとして設けています。
こんなことで悩みがありましたら、ぜひご相談ください。

・お酒を減らしたいと思っているのでアドバイスがほしい
・飲酒をやめたいと思っているが、やめられない
・お酒の問題のせいで、家族や職場に迷惑をかけている
・家族の飲酒について困っているが、どこに相談したらいいかわからない など

■受付日時

毎週火曜日・水曜日の17時から20時

■対象について

アルコールのことで悩んでいるご本人はもちろんですが、ご家族やご友人など、周りの方からのご相談もお待ちしています。
※ ご利用の前に、こちらの利用規約をご一読ください。

【相談電話番号 03-6206-2516】
(毎週火曜日・水曜日の17時~20時)

・ こちらの番号では、アルコール問題のご相談以外は受付けておりません。
相談は無料です。通話料はご負担ください。

■無料面接相談ついて

上記の電話以外にも、アルコール問題の無料面接相談もおこなっております。
こちらは完全予約制です。
まずは上記よりお電話にてご相談ください。担当者が相談内容を伺い、その後の流れをご案内いたします。

この「お酒のなやみなんでも相談電話」および「無料面接相談」は、飲酒問題で悩む人を減らしたいという株式会社カクヤスからの支援により、2019年度特別プロジェクトとして株式会社アスク・ヒューマン・ケアが実施します。
もっと知りたい人に
  • CRAFT(クラフト)-アルコール・薬物・ギャンブルで悩む家族のための7つの対処法

    書籍

    季刊誌Be!で連載された「CRAFT誌上家族教室」をもとに、単行本化にあたり内容を大幅に改編。 薬物・ギャンブル問題に悩む家族の方にも使えるようにしました。 CRAFTプログラムの自習用ワークブックと…
  • アルコール依存症〈回復ノート〉 割引セット

    書籍

    アルコール依存症は、誰にでも起こりうる病気。 けれどもこの病気にどう取り組めばいいのかは、意外と知られていない。 生活のことはどうする? 酒をやめて、どう生きる? そもそも依存症って何……? アルコー…
  • アルコール依存症を知る!《回復のためのテキスト》 改訂版

    書籍

    アルコール依存症は、どんな病気なのか? どのように進行し、何をどう治療するのか? 回復のために何をしなければならないか? 依存症について必要な知識が、この一冊で学べます。 大きな字で読みやすく、各地の…
  • 誰にも聞けなかったドラッグの話

    書籍

    家族や恋人、本人からの96の相談を通して、「薬にハマる理由」と「やめる方法」がわかります。 薬物問題が身近にある人だけでなく、教師、保護司をはじめ、相談業務に携わる方々も必見です! 相談機関リストやア…
  • 季刊[ビィ]Be!増刊号No.25 脱!世代連鎖

    雑誌

    アルコール・ギャンブル・薬物依存、摂食障害、虐待…… ▼世代を超えて問題が受け継がれていくしくみとは? ▼傷つけてしまった子どもに対して、今できることは? ▼連鎖を抜けるカギになるのは?
  • 季刊Be!

    季刊Be!

    当事者・家族・援助者がともに読める、回復とセルフケアの最新情報誌。

  • ASKアルコール通信講座 基礎クラス

    通信講座

    アルコール依存症について学べる日本で唯一の通信講座。病気を理解するうえで欠かせない本人や家族の心理やイネイブリングについてもじっくり解説。 アルコール依存症だけでなく、他の依存症にも役立つ知識が満載!…
  • 家族をどう援助するか ★企画中

    セミナー

    ★アディクションや思春期問題、その他の疾病や問題を抱えた家族からの相談を受けたり、援助を行なう立場にある方を対象としています。医療・保健・福祉はもちろん、介護分野などの方もどうぞ。 ★また悩んでいるご…