[季刊ビィ]Be!
書籍
冊子
電子書籍
DVD・CD
アルコール体質判定セット
人間関係・生き方
アルコール通信講座
よくある質問
海外研修
アサーティブとは?
ライフスキルとは?
小・中・高への出張講座
大学への出張講座
教師・保護者向け出張講座
企業研修
講演・グループ研修
水澤都加佐
岡本正善
木村久子
中野満知子
鷺島利佳
堀尾直美
今成知美
近藤京子
紙谷名枝子
海外からの講師
ごあいさつ
会社概要
交通案内
共依存から抜け出すワーク
ACとインナーチャイルドワーク
グリーフワーク
怒りをどう扱うか?
バウンダリー(境界)ワーク
親密さの回避と恋愛依存
仕事で燃え尽きないために
家族をどう援助するか
介入集中セミナー
ASK Human Care inc.<出版・セミナー・通信講座> オンラインショップはこちら
HOME 出版 セミナー 通信講座 出張講座 講師紹介 専門職の方へ 企業の方へ 会社概要 お問合わせ

詳しい説明を見る
TRUE COLORS日本版
らくらく人間関係術
ちょっと疲れたあなたへ
夢や目標を形にする
共依存/アダルトチルドレン(AC)
依存症/アディクション
健康日本21/予防教育
職場のメンタルヘルス
詳しい説明を見る
[季刊ビィ] Be!
アスクの電子書籍
アサーティブトレーニング
グループ・ファシリテーション
スキーマ療法入門
イボンヌのアートセラピー
トラウマ支援ワークショップ
水澤都加佐のセミナー
感情ストップ
自分で自分のメンテナンス
CRAFTを活かす講座
通信セミナー 私を生きるスキル
アルコール通信講座
アルコール体質判定セット
ASKリバーシブル予防パンフ
飲酒運転防止プログラム
読み物
そのまんまブログ
  水澤都加佐の
「自分を好きになる言葉」

今成知美の「気ままコラム」
アサーティブと私
研修相談センターからのお便り
編集部の「言いたい放題」
ある日のオフィス

情報検索
[季刊ビィ]Be!総もくじ
キーワード集
<空> セミナー開催カレンダー
<空> イベントデータ
<空>
サイト内検索
 
リンク
ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
アスクキッズ アスク・キッズ(薬物予防教育)
自分らしく生きるための道具箱
 
ASKのFacebook
 
  1
 

アサーティブとは?

 

 

ドッカン・オロロ・ネッチー


   
 
   
 
   
 

相手とのよりよい関係を望むとき、
それまで慣れ親しんだ自分の「コミュニケーションのとり方」を変えてみる方法があります。

その方法のひとつがアサーティブ・トレーニングです。

 

よりよい関係を望むのは、そこに何らかの問題を感じているから。

 

2そんなつもりじゃなかったのに、アーア、誤解されちゃった

3私の要求ってムリかしら?

4本当は気が進まないけど、断わるのもなんだか悪いし

5ムカッときた、もう許せない!

6また批判された、そんなに私ってダメなの?

7思い切って伝えたい、でもうまく言えるかな、ドキドキ……

 

アサーティブとは、相手のありのまま(権利)を侵害せずに、誠実・率直・対等な立場で、
自分の気持や意見をわかりやすく伝えることです。


アスクのアサーティブ・トレーニングでは、ドッカン(攻撃型:怒りを爆発させる)、
オロロ(受身型:遠慮して言い出せない)、ネッチー(作為型:遠回しや皮肉で伝えたり、
あとで仕返ししたり)という3人のキャラクターが登場します。
さまざまな状況でつい出てしまう、自分の伝え方の「クセ」に気づき、
もっと素直に伝える方法があることを学んでいきます。

 

具体的にはどんなふうに?
……参加者は15人程度です。3〜4人のグループをつくり、
一人一人が取り組むテーマ(うまくいかない場面)を決めたら、ロールプレイで再現します。
まず自分の気持ちと向き合って、相手に伝えたいことに焦点をあて、言葉にしてみましょう。
どうだった? 伝わったかな? もう少し具体的に言ってみて。そうそう、それでOK。
ずっとわかりやすくなりましたね。
「これでいいの!? こんなふうに言ってみたことなかった!」

 

アサーティブトレーニングの基礎講座(自分を表現する)では、
頼む・断わる・ほめる・ほめられるなどの場面を題材にしてすすめます。
応用講座(相手と向き合う)は、基礎講座を受講された方が対象で、
批判への対処・怒りの扱い方・相手との向き合い方などをテーマにします。

 

最初は「難しい、自分にはムリ……」と思っていても、何度も練習するうちに、
ぎこちなさがとれて自然になってきます。
グループの仲間から肯定的なメッセージや力をもらえます。
「できた!」と実感できるのです。それがアサーティブ・トレーニングの醍醐味です。


気持を言葉にするのって、ちょっと照れるし恥ずかしいかもしれません。
誰でも初めは戸惑うもの。でも言葉にして伝えることで、相手のこころも開きます。
自分にも相手にも、やさしくなれる気がします。
……それがアサーティブなコミュニケーションです。

 

アスク・ヒューマン・ケア「ライフスキル・センター」室長

アサーティブジャパン認定講師

 

Copyright(C),ASK HUMAN CARE inc.All Rights Reserved.