>>どうして「通信」なの? >>こんな方におすすめします >>3つの大事なスキルがある! >>すすめ方 >>よくある質問 >>受講者の声 >>企画者、テキスト執筆者からのメッセージ

「通信講座」トップに戻る

【通信セミナー「私を生きる」スキル】共依存・ACの課題に取組む

「私には共依存の問題がある」「私はACだ」という気づきは、自分の人間関係や、自分自身を見直す出発点となります。

謎が解けていく

共依存やACをキーワードにして、謎が解けていくのです。
「だから、今まで自分はつらかったのだ」「苦しかったのは、こういうわけだったのか」と。
自分を責めずにすむようになり、抑えていた感情が徐々にわき出てきます。
それを安全な場で語ったり、誰かに受けとめてもらうことが、癒される体験となります。

今までのパターンを変える

その次はどうしたら……?
今まで知らず知らずのうちに自分の中に取り込んできた、考え方や行動のパターンのうち「自分を苦しめているもの」を、別のパターンに置き換える必要があります。
とはいえ、頭の中でわかっても、行動を変えるのは難しいものです……。

具体的なスキルを練習する

この通信セミナー「私を生きるスキル」では、うまくいかないパターンを置き換えたり、具体的なスキルを学んで練習していきます。

通信セミナーの中では、「共依存」「AC」といった言葉を使っていません。
それは、どこかで聞いたような言い方ではなく、あくまで「自分自身の言葉」で感じ、語っていただくためです。

そのほかにも、たとえば「自分を受け入れる」「自分を大切にする」などの抽象的な表現で終わらずに、「それは私にとって、具体的にどういうこと?」と、さまざまな場面を通して考えていただく方法にこだわりました。

回復に必要な3つの柱

I 〈境界と人間関係〉
自分と他人との関係を見直して、安全で心地よい関係とは何かを学びます。

II〈「わたしメッセージ」と感情〉
自分の気持ちを受け入れることや、望みを相手に伝える方法を練習します。

III〈セルフケアと人生設計〉
自分を大切にする生き方を具体的な形にし、問題解決や選択について学びます。

「通信講座」トップに戻る

>>どうして「通信」なの? >>こんな方におすすめします >>3つの大事なスキルがある! >>すすめ方 >>よくある質問 >>受講者の声 >>企画者、テキスト執筆者からのメッセージ

もっと知りたい人に