>>どうして「通信」なの? >>こんな方におすすめします >>3つの大事なスキルがある! >>共依存・ACの課題に取り組む >>すすめ方 >>よくある質問 >>企画者、テキスト執筆者からのメッセージ

「通信講座」トップに戻る

通信セミナー「私を生きる」スキル 「受講者の声」

「セミナーを受けてみたい気もするけれど、遠いし、足を運びにくい」「ワークショップに参加する前に、まずは自分の課題をはっきりさせたい」という方にもおすすめです。
受講者のアンケートより抜粋してご紹介します。

周囲との関係が変わった!

●職場でつい何でも「いいよ」とニッコリしちゃうクセは残っていますが、あとで考え直し、修正するようになりました(これからは即答を避けたい)。
家では思春期の子どもの境界に入りこまなくなりつつあります。どこで線を引くか、自信がついたと思う。(援助職 I~II修了・III受講中)

●私は今まで正しさにこだわりすぎ、
相手に批判されると何も言えずに恨みの感情を持ち続けたり、逆に相手が悪いと決めつけて話をしたりして、言いたいことが伝わらなかったことに気づきました。
感じたことを伝えるようにすると、自分も納得できるし、相手にも伝わりやすくなりました。(引きこもりの息子の母 I~III修了)

●アパートの壁のエピソードから始まる境界線の話は、とてもわかりやすかった。
姑が家の中をのぞいたりすることをイヤと認識し、抗議してもよいのだと確信できました。
夫と私の間の境界線も見えてきて、夫に説明することで理解してもらえた場面もあり、役に立ちました。私の生活がよりよいものになってきました。(依存症者の家族 I修了・II受講中)

楽になれた!

●50年以上も生きてきて、その生き方を変えるのはとても難しいこと。
今まで自分を見つめる作業はやってきましたが、「楽になる方法」は見つけられなかったのです。このセミナーでは、「べき思考」の落とし穴や、気持ちを「わたしメッセージ」に変換する方法などがわかり、苦しさをひきずらなくなったような気がします。(精神科看護師 I~III修了)

●対人関係のストレスがあまりない自分と思っていましたが、無理に思いこませていたようです。相手のことばかり考えていて、けれど本当は相手のことも自分のことも考えていなかった。だから身体症状に出たり、一番身近な夫や子どもとの関係で空回りしていたと思います。
ずーーーっと生きづらさを感じてきましたが、このセミナーで心が楽になりました。否定的にとらえていたことも私の人生のこやしになっているのだと、受け入れることができました。(看護師 I~III修了)

やりたいことに踏み出す!

●私は自分の人生に向かって踏み出しているのかなあと思えて、うれしいです。
昨日、一年間所属していた英会話サークルから抜けました。
レベルは物足りないのに、他のメンバーさんに少し遠慮して、合わせていたと思います。
「あなたがいると助かる」と言われ、それが心地よかったけれど、どこかに違和感がありました。今度は自分が楽しめ、他人の世話をしないでよいサークルやスクールを探したいです。(AC I修了・II受講中)

●夢はかなえていくものなんだと実感しました。
今、目標の実現に向かって動いています。これからやりたいことも見つかりました。
なが~く暗いトンネルを抜け出したようなさわやかな気持ちです。(AC II~III修了)

自分の気持ちとつきあう……

●いやな感情を抑えこむために、以前はよく食べていました。
今は、いやな感じがすることも、大切なメッセージを私に伝えてくれていると思えるようになり、その感情とつきあっています。(看護師 I~II修了・III受講中)

●「セルフケア・バッグ」が楽しかった。私にとって、
心の落ち着きのバロメーターになっています。
忙しく心のゆとりがないときは、バッグのことも忘れていますが、そんなときほどセルフケアが必要なんだと思います。意識することで、心にゆとりを持つようにしていきたい。(会社員 I~III修了)

●マイナスの感情を自分の中に溜めていましたが、「わたしメッセージ」にすれば相手を傷つけず伝えられると知りました。
(セラピスト II修了)

●感情として感じる前に「身体に感じる違和感」があることを知り、思いあたることがたくさんありました。
感情さえ見つけられずカチンコチンになっている心でも、まず体が何かを感じてくれているということに希望を感じました。
感情をキャッチする練習のため、身体の違和感を自分で書いて部屋に貼っています。
うつ状態と、強迫的な行動に苦しんでいましたが、受講をすすめるとともに楽になってきました。
受講費用が高いかなと迷っていましたが、お金には替えられないほどの大切な、人生の再スタートの切符を得た気持ちです。(ソーシャルワーカー I~II修了・III受講中)

「通信講座」トップに戻る

>>どうして「通信」なの? >>こんな方におすすめします >>3つの大事なスキルがある! >>共依存・ACの課題に取り組む >>すすめ方 >>よくある質問 >>企画者、テキスト執筆者からのメッセージ

もっと知りたい人に