[季刊ビィ]Be!
書籍
冊子
電子書籍
DVD・CD
アルコール体質判定セット
人間関係・生き方
アルコール通信講座
よくある質問
海外研修
アサーティブとは?
ライフスキルとは?
小・中・高への出張講座
大学への出張講座
教師・保護者向け出張講座
企業研修
講演・グループ研修
水澤都加佐
岡本正善
木村久子
中野満知子
鷺島利佳
堀尾直美
今成知美
近藤京子
紙谷名枝子
海外からの講師
ごあいさつ
会社概要
交通案内
共依存から抜け出すワーク
ACとインナーチャイルドワーク
グリーフワーク
怒りをどう扱うか?
バウンダリー(境界)ワーク
親密さの回避と恋愛依存
仕事で燃え尽きないために
家族をどう援助するか
介入集中セミナー
ASK Human Care inc.<出版・セミナー・通信講座> オンラインショップはこちら
HOME 出版 セミナー 通信講座 出張講座 講師紹介 専門職の方へ 企業の方へ 会社概要 お問合わせ

詳しい説明を見る
TRUE COLORS日本版
らくらく人間関係術
ちょっと疲れたあなたへ
夢や目標を形にする
共依存/アダルトチルドレン(AC)
依存症/アディクション
健康日本21/予防教育
職場のメンタルヘルス
詳しい説明を見る
[季刊ビィ] Be!
アスクの電子書籍
アサーティブトレーニング
グループ・ファシリテーション
スキーマ療法入門
イボンヌのアートセラピー
トラウマ支援ワークショップ
水澤都加佐のセミナー
感情ストップ
自分で自分のメンテナンス
CRAFT1日講座
通信セミナー 私を生きるスキル
アルコール通信講座
アルコール体質判定セット
ASKリバーシブル予防パンフ
飲酒運転防止プログラム
読み物
そのまんまブログ
  水澤都加佐の
「自分を好きになる言葉」

今成知美の「気ままコラム」
アサーティブと私
研修相談センターからのお便り
編集部の「言いたい放題」
ある日のオフィス

情報検索
[季刊ビィ]Be!総もくじ
キーワード集
<空> セミナー開催カレンダー
<空> イベントデータ
<空>
サイト内検索
 
リンク
ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
アスクキッズ アスク・キッズ(薬物予防教育)
自分らしく生きるための道具箱
 
ASKのFacebook
 
  職場のメンタルヘルス
  3
 
企業向け「飲酒運転防止プログラム」
   
 
   
 

近年、「危険運転致死傷罪」の創設など飲酒運転への厳罰化が進んだにもかかわらず、
悲惨な死傷事故は後を絶たず、社会問題化しています。

職業運転手をかかえる企業・組織だけでなく、
社員(職員)のマイカーによる事故も企業イメージを大きく損なうことから、
多くの企業・自治体で飲酒運転への罰則を強める傾向にあります。

 

ただし、「処分」だけでは限界があります。
アルコール検知器の使用によって「問題の早期発見」という手段を強化している運輸業界に
おいても、さらに一歩踏み込んだ対策が望まれ始めているのです。

 

アスク・ヒューマン・ケアでは、母体であるASK(アルコール薬物問題全国市民協会)の飲酒
運転対策特別委員会と共同で、さまざまな教材やプログラムの開発を行なっています。

   
 
   
 

 <職場の飲酒運転対策メルマガ>無料配信中!

 

ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)より情報メルマガを無料でお届けしています。
関連ニュースやデータなどのほか、委員長・山村陽一の「山さんコラム」を連載。
ほぼ月1回の配信です。
関心をお持ちの方は、アドレス登録をどうぞバックナンバーはこちら

   
 

 ASK[飲酒運転防止インストラクター]養成講座

 

ASKでは、日本損害保険協会の助成を受け、
3年間に、全国の職場や地域に1000人の「認定インストラクター」を養成する計画です。
ASK認定の[飲酒運転防止インストラクター]とは、職場での対応を心得た上で、
DVDを使った参加型研修を実施し、
アルコールの基礎知識や節酒の方法を指導する人のこと。
以下の3つのステップを経て、認定となります。

 

ステップ1 飲酒運転防止通信スクール【管理者コース】受講(通信添削3回)

ステップ2 地区別スクーリング参加(1日集中)

ステップ3 実践報告シート提出

 

くわしい説明はこちら

   
 

 飲酒運転防止研修用DVD 「知って得する!アルコールの基礎知識」(45分)

 

飲酒運転 あなたは大丈夫?<タイプ別リスクとアドバイス>

 

ハンパな知識ではだめなのです。

運輸企業で実績をあげたASKのプログラムをもとにした、
決定版のDVDをぜひ、役立ててください。

目で見てわかります。行動が変わります。

 

<内容>

 

講座1 アルコールの「1単位」と体質(13分)

講座2 「酔いの正体」と運転への影響(7分)

講座3 「寝酒の落とし穴」と「節酒のコツ」(9分)

講座4 「アルコール依存症」の予防と早期発見(14分)

 

http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html

 

   
 

 飲酒運転防止研修用ハンドブック 「知って得する!アルコールの基礎知識」

 

飲酒運転 あなたは大丈夫?<タイプ別リスクとアドバイス>

 

〈飲酒運転防止〉から〈健康管理〉まで!
書き込みワーク、チェックリスト、節酒・断酒の実践プラン付き!

アルコール(お酒)について、どれくらい知っていますか?


「一晩寝たので、まさかお酒が残っているとは思わなかった!」
「あのまじめな人が、なんで飲酒運転を!?」
−−−そんな事態を防ぐために、この冊子を作りました。
今まで「なんとなく知っている」と思っていたアルコール(お酒)に
ついて、 国立病院機構久里浜アルコール症センター院長丸山
勝也氏協力のもと、 理論的かつわかりやすく説明します。
健康のため、「飲み方を変えなければ」と思っている方にも役立
つ知識がたくさん入っています。
巻末には、節酒・断酒を実践するための記録表がついているの
で、実際の状況がつかみやすく、 節酒・断酒への励みにもなり
ます。

研修用DVD「知って得する!アルコールの基礎知識」にも対応し
ているので、 運輸関連企業でのプロドライバー向け研修・職場
の交通安全研修・地域団体による啓発活動などで 使うのにも最
適な1冊です。


http://www.ask.or.jp/ddd_dvd.html#book

 

   
 

 飲酒運転防止研修eラーニング 『15分で学べる必須の「アルコール知識」』

 
eラーニング eラーニング
 

eラーニングで職場研修を!
集まって研修を実施する時間がとれない職場におすすめ。
社員が100人以上の企業ではeラーニングが効率的です。
個々に15分程度受講したあと、修了テストを行ないます。
結果は記録され、管理者が受講状況を確認できるので、研修の管理が簡単です。
修了後、誓約書を印刷し、
署名・捺印ののち提出する設定にカスタマイズすることもできます。
その他、コンテンツのカスタマイズも可能。
ANA(全日空)でも採用されています。


http://www.ask.or.jp/ddd_elearning.html

 

   
 

 <タイプ別>啓発パンフレットが好評です。

 

ASKリバーシブル予防パンフ

 

ASKリバーシブル予防パンフ
Bおいしく賢く飲みたい人へ/飲酒運転をゼロに!


表:「おいしく賢く飲みたい人へ」
  〜1・2・3の法則を覚えておこう! 節酒のためのヒントつき。〜
 □1単位・2単位・3単位
 □こんなときは飲まないで
 □節酒の方法や上手な断り方
 など

裏:「飲酒運転をゼロに!」
  〜アルコールの分解時間、知っていますか?〜
 □えっ、翌朝でも酒気帯びに?
 □進んだ厳罰化
 □飲酒運転、なぜ危ない?
 □寝酒の落とし穴
 □同乗者も罰せられる
 □幹事の心得
 など

 

   
 

 トイレットペーパーで、飲酒運転防止!?

 

飲酒運転 あなたは大丈夫?<タイプ別リスクとアドバイス>

 

「意外な場所での知識啓発! 
ゆっくり座る場所だから、
「ん?なんだ?」と読んでもらえる。
ASKでは、啓発用トイレットペーパーで
話題を呼んでいる林製紙とのコラボレー
ションにより、トイレットペーパー「飲酒運
転防止〈7つの落とし穴〉」を作成しました。

 

http://www.ask.or.jp/ddd_paper.html

 

   
 

 <予防教育プログラム>セルフケアスクール

 

ここでは、運輸業向けの6回1クールのプログラムをあげます。
業種や対象者、ご希望に応じて内容をアレンジしますので、ご相談ください。

 

<運輸業を対象としたプログラム>
 第1回集中講座 アルコールと体
 第2回集中講座 アルコールと睡眠
 第3回集中講座 アルコールと事故
 第4回集中講座 アルコール依存症
 第5回集中講座 お酒の決算書
 第6回集中講座 断わり方の研究


上記の講座を中心に、毎回「アルコール問題の常識クイズ」、ロールプレイ、
グループでの話し合いなどを盛りこんだ、1回3時間のプログラムです。
飲酒傾向の強いドライバーを対象にし、アルコールに関する正しい知識を身につけ、
飲酒習慣を変えることを目的としています。
どの回からスタートしても支障のない構成になっており、
毎回のテキスト(記述欄や小テスト付き)が用意されています。

一般企業や自治体向けのプログラムについては、詳細はお問い合わせください。
運行管理者・管理職向けの研修もご用意できます。

http://www.ask.or.jp/ddd_kanri.html

  

電話でのお問い合わせ 03-3249-2551(平日10:00〜18:00)

   
 

→ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)の飲酒運転防止活動についてはこちら。


アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)

   

 

Copyright(C),ASK HUMAN CARE inc.All Rights Reserved.