家族支援で大切なこと

水澤都加佐です。
アルコール・薬物依存症、摂食障害、ひきこもり、うつなどの問題に悩む家族の相談を受けたり、支えていく上で、何がもっとも大切かを考えてみましょう。

1.いくらがんばっても……

家庭の中に誰か、問題を抱えた人や、心に関わる病気の人がいると、何が起きるでしょうか。
家族は懸命に、考えられる限りの対処をしようとします。

最初は本人の行動を「まとも」にしようとして、あれこれ助言したり、懇願したり、説教してみたりするでしょう。責めたり叱ったりもするかもしれません。
次には、問題の原因をなくそうとして、なるべく怒らせないように、心配事がないように、機嫌よく過ごせるように、あれこれ気を遣うかもしれません。
やがては、さまざまなトラブルが起きて、周囲への尻拭いに追われるかもしれません。

本人の行動をコントロールする努力
問題の原因をコントロールする努力
問題の結果をコントロールする努力
……家族は必死になって日々、がんばります。

けれど、事態はよくなりません。
依存症でも、ひきこもり・自傷・摂食障害などでも、うつでも、似たようなことが起こります。
いくらがんばっても、状況は困難になるばかりで、家族は疲れ果ててしまうのです。

このような状況の家族が助けを求めてきたとき、援助者は一体どうすればよいのでしょうか。

2.「教育」の落とし穴

よく行なわれているのが、家族に対して「病気や問題について教える」「間違った対応と正しい対応について教える」というものです。
たしかに、知識は大切です。
けれどそこには落とし穴があります。

家族に対して一律の形で教育を行なうということは、裏を返せば、「あなたのやり方が間違っているからこの事態を招いた」と言うのと同じになりかねません。
正しいやり方を教えても、なかなか行動が変わらない家族に対して、援助者はイラついて「ダメな家族」というレッテルを貼りがちです。
家族の無力感は増幅します。

実は家族は、自分たちがやってきたことの意味を承知しています。
何が役立ち、何が役立たないかも、心の中ではわかっているのです。
「こんなことをしていても、どうにもならない」
と知りながらも、毎日毎日起きる事態に、反応せざるを得ない。
ほかにどうしようもない。

これは理屈ではなく、気持ちの問題です。

では、援助者はどうすればいいのでしょうか。

教えるのではなく、家族の中にすでに存在している「体験から学んだこと」を、家族自身の口から話していただく。
「本当はこうできたらいいのに」
とわかっている家族に対して、どうしたらそれができるのかを一緒に考え、サポートするのです。

その行動の妨げになっている感情は?
周囲からのプレッシャーは?
本当はその人にどうなってほしい?
自分自身はどう生きたいと思っている?

……こうしたことを、ともに考え、人生の方向を変える勇気を支えていくこと。
それが援助だと思います。

3.感情に踏みこむこと

人は理屈をいくら詰めこんでも、感情が動かなければ、行動しません。
傷ついて疲れ切っている人であればなおのことです。

「あの人は(あの子は)どうしてこうなのか」という怒りやイラ立ち。
「このままいったら最悪の結果になってしまう」という恐れや不安。
「今まで私が一生けんめいやってきたことは、無駄だったのか」という徒労感や絶望。
「幸せになるはずだった私の時間はどこへいったの」という悲しみ、さびしさ、満たされない気持ち。

……援助者はこうした感情に踏みこんでいかれる力量が必要です。

一対一のカウンセリングに限らず、教育を行なうグループの中でも、行動の妨げになっている感情を取りあげていく必要があります。
そのためには援助者自身もトレーニングを受けることが欠かせません。
「家族に教える」だけならば、本を読んで勉強すればできるようになるでしょう。
生きた感情を扱うには、実地の練習が大切なのです。

たとえば私のセミナーでは、グループの中で生まれる感情を、援助者としてどう扱うか、それをぜひ体験していただきたいと思います。
また、参加者やご自分自身の中に起きる変化を、味わっていただきたいと思います。

ちょっとしたヒントで、家族は大きく変わります。
家族が変わると、本人の回復も早くなります。
助けを求めやすくなるのです。

もっと知りたい人に
  • 家族をどう援助するか

    セミナー

    ★アディクションや思春期問題、その他の疾病や問題を抱えた家族からの相談を受けたり、援助を行なう立場にある方を対象としています。医療・保健・福祉はもちろん、介護分野などの方もどうぞ。 ★また悩んでいるご…
  • 介入(インタベンション)集中セミナー

    セミナー

    ★医療・保健分野のスタッフをはじめ、教育・司法・介護などの現場で問題への援助に関わる人を主な対象としています。 ご家族の立場で介入の方法を学びたい方の参加もOKです。 ★介入技法は、アルコール依存症者…
  • 水澤都加佐の本 一覧