季刊〔ビィ〕Be!増刊号No.21 「死にたい」「生きたい」の間に何があった?

  • 発行:2012年12月
  • 価格:1,080円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:978-4-901030-84-7

解説

アルコール・薬物依存症をはじめとするアディクションは、自分や周囲を傷つけながら死に向かう病。
そして回復とは「生きること」への方向転換です。
何が、死から生への転換をもたらすのか?
大切な人を亡くした家族の痛みは?

主な内容

<1>子どもの頃から生きづらさを抱えて

ACたち4人の手記
愛されないと感じていた私にとって、死は「特別な人」になる最後の切り札だった。

<2>酒や薬物の酔いの中で

依存症男性5人の手記
忘れるために飲んだ。満たされたくて薬を使った。
その末に垣間見た死の淵から、ようやく引き返した。

<3>「助けて」と言えなかったあの頃

依存症女性4人の手記
嫁として、母として、追いつめられた苦しさ。人間関係のつまずき。
痛みを紛らわすための、酒、薬物、過食嘔吐、自傷。

<4>自傷――死への迂回路【松本俊彦】

つらさをやわらげるための「孤独な対処法」が、結局は死をたぐり寄せてしまう。
〈コラム〉アルコール・薬物依存…自殺のリスクは?

<5>共に生きる家族の苦しさ

親・配偶者・子ども、4人の手記
いっそ死んでくれたらと思い詰めた日。世間の目がつらくて身を投げようとした日。
回復への道は?

<6>私たちが手渡されたもの

仲間として、支援者として、3人の手記
自傷を繰り返すクライエントに振り回されながら、学んだこと。
回復者スタッフとして次々経験した仲間の死。

<7>大切な人を失うということ

遺族4人の手記
摂食障害で眠るように逝った娘。別居中に亡くなった夫。処方薬に依存し自ら命を絶った息子――悲しみが消えることはない。けれど言葉にすることで溶けてきたものもある。

<8>グリーフ――遺された人の思い【水澤都加佐】

できることはやった。できないこともたくさんあった。それは、人間であれば当たり前です。それでも私自身、身内の死を受け入れるプロセスに10年以上かかりました。
〈コラム〉こんなときどうしたらいい?…自殺を防ぐために

もっと知りたい人に
  • 季刊Be!年間購読

    雑誌

    ★12月発行の増刊号も合わせて、年間5冊お届けします!