セミナーカレンダー

2019年09月 2019年10月 2019年11月 2019年12月

アルコール問題に関わる援助者のためのトレーニング ※受付終了

特別プロジェクト

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。 オンラインショップで決済をお願いいたします。 お申し込みの前に必ずキャンセル規定などのセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

「アルコール依存症」をはじめとした、アルコール問題に関わる全ての援助職の方向けの実践的なトレーニングプログラムを全5回で実施します!

講師はアスク・ヒューマン・ケアの研修相談センター所長の水澤都加佐と、海外で依存症カウンセラーとして活躍するスコット・ジョンソン!
依存症治療の最新知識も得る事ができ、治療につなげるための介入の技法や再飲酒時の対応の技術をはじめ、子どもを含めた家族支援についても、日本とアメリカの第一線で活躍する講師から学ぶことができます。

※この連続セミナーは、アルコール問題の解決を願う株式会社カクヤスからの支援により、2019年度の特別プロジェクトとして実施しています。

日程

■全5回の連続セミナーです
第一回:2019年9月12日(木)
第二回:2019年10月2日(水)
第三回:2019年10月3日(木)
第四回:2020年2月27日(木)
第五回:2020年2月28日(金)

時間 各回ともに10:30~16:30
定員 30名
参加費 32,400円(税込)
講師

水澤 都加佐(アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長/HRI所長)
スコット・ジョンソン(アディクションカウンセラー/元ベティーフォードセンターファミリーカウンセラー)

場所

東京都千代田区 神保町駅近辺を予定(お申込いただいた方に詳細なご案内をお送りします)

参加費について 通常108,000円かかりますが、アルコール問題の解決を願う株式会社カクヤスからの援助により、今回の参加費が実現しました。
全5回の参加で修了証を発行 全5回終了時に「修了証」を発行します。全5回の参加が難しい方は、お申し込み時にご相談ください。
通訳について アメリカ人講師による講座では、全日通訳がつきます
参加特典について ご自身の研鑽を深めていただく目的で、アスク主催の水澤都加佐のセミナーを、1回に限り半額でご参加いただけます。ご希望の方は、お申し込み時にご相談ください。

セミナー詳細

■全5回のプログラム(全日10時半~16時半予定)

・第一回 2019年9/12(木)
「依存症とはどういう病か」 講師:水澤 都加佐

アルコール依存症、ギャンブル依存症、薬物依存症……依存する先は異なりますが、その根底には「依存症という病」があります。

「依存症とはどのような病か? 」
「その原因はなにか? 」
「治療について」など

まずは知っているようでしらない依存症について知識を学びます。

・第二回 2019年10/2(水)
「家族はどのような影響を受けるか」 講師:スコット・ジョンソン

アルコール依存症者の背後には、苦しんでいる家族がいます。

そうした家族はどのような影響を受けるのか?

「家族」という関係性の中で起きる問題を、さまざまな切り口でとらえることで、アルコール依存症の問題が、今までとちがった視点で見えてきます。

その視点を知ることで、役立つ援助手法とスタンスのヒントをえることができます。。

・第三回 2019年10/3(木)
「子どもへの影響と世代連鎖」 講師:スコット・ジョンソン

アルコール依存症者の「家族」を考えたときに、子どもたちはより深刻な影響をうけます。
子供さらには孫へなど、世代を超えて連鎖する影響について学びます。

影響を受けている子供たちに何をすることができるのか?
世代連鎖を断ち切る方法とは?

ベティーフォードセンターで子供向けのプログラムを行ってきたスコットジョンソンが、自身の経験も踏まえながら、依存症者及び、子どもたちの未来につながるプログラムを伝えます。

・第四回 2020年2/27(木) 
「患者と家族の回復に必要なこと」 講師:水澤 都加佐

アルコール依存症をはじめとする依存症は、本人だけでなく家族の回復もとても重要な要素です。

当事者の背後で傷ついてきた家族に何ができるか?
家族の感情を引き出し、支えていく方法は?
家族への援助の際に陥りやすいパターンとは?
援助者としてできること、そしてできないことは何か?

具体的な家族の回復を学びます。

・第五回 2020年2/28(金) 
「介入の技術・再発防止に必要なこと」 講師:水澤 都加佐

問題が発覚した時、また再発が発覚した時、問題を否認し、状況によっては関係性が硬直していることも多々あります。
そんな時に、どうやって介入して援助を受けてもらうかを学びます。

介入技法は、アルコール依存症者を治療に結びつけ、回復過程をフォローしていく中で体系化されたものです。
その手順と考え方を学ぶことで、依存症以外の問題への支援にも役立ちます。

講師紹介

水澤 都加佐

ソーシャルワーカーとして神奈川県立精神医療センターせりがや病院・心理相談科長をへて、1994年より株式会社アスク・ヒューマン・ケア取締役・研修相談センター所長。HRI水澤都加佐・横浜カウンセリングオフィス所長。
自らカウンセリングを行うだけでなく、病院や施設などでも多くの治療・援助者のスーパーバイザーをつとめ、企業や官庁のメンタルヘルスに関するアドバイザーとしても活躍。

スコット・ジョンソン

依存症家族で育ったAC(アダルトチャイルド)であり、アルコールと薬物依存症からの回復者。1988年から10年間、米国カリフォルニア州にある依存症治療機関として世界的に名高いベティ・フォードセンターでファミリーカウンセラーとして勤務し子どもプログラムを開発。
現在は個人療法家としてだけでなく、日本をはじめ海外でもセミナーを開催し幅広く活躍。

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。 オンラインショップで決済をお願いいたします。 お申し込みの前に必ずキャンセル規定などのセミナーに関する注意事項をご覧下さい。