セミナーカレンダー

2017年07月 2017年08月 2017年09月 2017年10月

イボンヌのアートセラピー

体験ワークショップ

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

これはアートセラピーを体験するワークショップです。
自分の内面世界への気づきと洞察を得ることを目的としています。

アートによる表現は、言語によるものとは違い、「無意識」の世界に、直接的に、瞬時に入っていきます。
それは自己の鏡となり、予想外の洞察や気づきを引き出します。
封じこめた感情を安全な形で表現できたり、混乱した状態を整理する助けとなったりします。

言うまでもないことですが、絵の上手・下手は、まったく関係ありません。
うまく描く必要はなく、とりとめのない落書きでもOK。 どうぞ気軽にいらしてください。

日程

10月21日(土) ※1日の講座です
10月22日(日) ※1日の講座です

時間 10:00~17:00
定員 各日ともに8名
参加費 21,600円(税込)
講師

安齋圭清イボンヌ (ブリティッシュ・コロンビア・アートセラピー協会公認アートセラピスト)

場所

アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F)

その他 これはあくまで体験ワークショップです。治療ではありません。 アートによって自分の内面と向き合う方法を練習するものです。
ご注意ください 『Be!』127号 の49ページにある「イボンヌのアートセラピー」の日程に誤りがありました。 10/14(土)・10/15(日)と記載してありますが、正しくは10/21(土)・22(日)です。 お詫びして訂正します。 お申し込みの際はお気を付け下さい。

セミナー詳細

★関心のある方なら、どなたでもどうぞ。
★治療・援助の仕事に携わる方も歓迎です。
ただし治療者の方も、この場では役割を離れ、個人としてご参加ください。

プログラム

●ガイダンスと自己紹介
●ワーク1 全員が同じ課題での、絵またはコラージュ
●分かち合い
●小部屋でのミニ・セッション(一人10分程度を予定)
●ワーク2 個別の課題での、絵またはコラージュ
●分かち合い
●全体のまとめ・アートセラピー日記の説明など
※細かい内容は、参加者の状況その他に応じて変更になる場合があります

アートセラピーとは?

semi_art6
アートセラピーは、アートと心理療法を組み合わせたもので、「表現療法」のひとつです。 (表現療法には、アートのほか、音楽や演劇・ダンスなどが含まれます)

アートセラピーは、クライエントを侵略しない安全な治療的介入とされます。
言語を使わず表現されたものは、セラピストとクライエントの間のクッションとなるからです。

自分自身で描いたものは、強いインパクトをもって記憶にとどまり、自己との対話を可能にします。
アートセラピストの役割は、アートの中のイメージを通してクライエントを道案内することです。
この案内のもとでクライエントは、理解や気づきや解放を得ることができます。

よいアートセラピーでは、描かれたものをセラピストが解釈することはせず、むしろ質問を投げかけます。
答えは、クライエント自身の中にあるからです。 (安齋圭清イボンヌ)

講師からのひとこと
安齋圭清イボンヌ

安齋圭清イボンヌ

子どもにクレヨンを渡したら、勝手に落書きをしますよね。
アートで表現するというのは、私たちの生まれ持った本能、本来の姿に近い方法なのです。

絵を描くのが苦手でも、まったく問題ありません。
アートを通しての自己表現は、アーティストでなくてもできます。

うまく描く必要はありません。
もしあなたが言葉で表現するタイプでないとしたら、そしてつらい状態から抜ける方法を探しているとしたら、アートセラピーは、最良の道具になるかもしれません。

お会いするのを楽しみにしています。

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

参加者の声より

  • ホームページの案内を見て、何も考えずに飛びつきました。来てよかったです。 こんなに短時間で、いつも心の奥にしまっている感情を言い当てられ、びっくりしました。 頭ではなく心で表わす方法を教えていただきました。 どうしても頭で考えて生きてきたので、アートでこんなにも解放されるのだということを初めて知りました。 また他の人と先生との会話からも、新たな発見がありました。(N 東京)
  • 自分の気持ちにふたをして、感じていないふりで、やりすごしてきました。 何か自分を出せるきっかけがつかみたくて参加しました。 無意識に表現した一枚に、自分の課題がちゃんと現われていたことにびっくりしました。 他の人のも見たり聞いたりできたことで、より自分の課題に気づくきっかけになりました。(S 徳島)
  • 自分は何が楽しいのかわからなくなり、それを知りたくて参加しました。 1枚目の絵のとき、生きづらさを抱えて生活している自分を感じました。 描いていてとても重苦しかったです。10分のセッションで、大きな筆を使って思いきり描くようアドバイスがあり、大胆に筆を使いました。童心に返ったような思いでした。 気がつくと夢中になっていました。このとき感じた解放感を味わうような経験を、これから多く持ちたいと思いました。(T 神奈川)
  • 1枚目は自分を客観的に、2枚目は自分の内面を見ていく作業ができました。 2枚目を描いたことで、今の自分の原点に触れることができました。 繰り返しフラッシュバックする幼い頃のワンシーンがどういう意味で現在につながっていたのかを、確認する作業になったと思います。 イボンヌさんの一人一人に向けられるストレートな言葉とまっすぐなまなざしが、強烈な印象でした。 自分をそのまま表現する(生きる)という姿がどういうものなのか、目のあたりにできた一日でした。(Y 岐阜)
  • アートセラピーとはどんなことをするのかな……私にもできるのかな……体験してみたいと思い、参加しました。自分の心の中で困っていたことが、画用紙にそのまま現われ、当たってしまっていたことにビックリでした。 今日ここで気づけたことで、これから変わっていける気がしました。(I 静岡)
  • 人の話を聞くばかりで、話すことが苦手なので、今回のセミナーは本当にうれしかったです。 自分の内面に静かに向き合って描くことの心地よさは、ヨガで集中できている時と同じ感覚でした。「アートセラピー日記」は、さっそく今日からやってみようと思いました。(N 神奈川)
もっと知りたい人に