セミナーカレンダー

2016年12月 2017年01月 2017年02月

TFTパートナー講座

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

TFT(Thought Field Therapy 思考場療法)は、東洋医学の「経絡」を取り入れた心理療法。
ツボを自分の指でタッピングすることで、不安やストレスなどによって身体にわきおこる反応をしずめます。(TFTについて、くわしくは下記をご覧ください)

★保健・福祉・教育など対人援助の場面に生かすTFTの技法を学びたい方
★仲間や家族など身近な相手に役立てたい方
★まずは自分のために練習してみたい方
が対象です。

講座の最後に実施する認定テストを修了すると、「TFTパートナー」の資格が得られます。

日程

2017年1月21日(土)

時間 10:00~18:00
定員 18名
参加費 16,200円(税込)
講師

森川綾女
(日本TFT協会理事長)

場所

アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F)

その他 セミナーは公費(請求書払い)での受講もできます。公費での参加をご希望の場合は、お電話(03-3249-2551)でお申込ください。

セミナー詳細

プログラム

セルフケアと援助の相乗効果
経絡とツボ
TFTとは?
アルゴリズムの基本形
思考場とチューニング
心理的逆転の修正
さこつ呼吸法
タッピングポイント
症状ごとのアルゴリズム(不安・悲しみ・怒り・罪悪感・うつ・物質依存の衝動など)
子どもへの活用
コミュニティワーク
ストレスをプラスに変える
エネルギーのベクトルを合わせる
など

レクチャーとワークで進行します。講座の最後に認定テストがあります。

「TFTパートナー」の資格について

講座の最後に実施する認定テストを修了すると、日本TFT協会による「TFTパートナー」の資格が得られます。

*「TFTパートナー」は、従来の援助や支援の場にTFTを取り入れるための資格で、同じく日本TFT協会による「TFTセラピスト」(専門治療者としての資格)とは別です。

*さらに心身の治療法としてのTFTを学びたい対人援助職の方は、協会による「TFTセラピスト養成講座」に進むことができます。
この講座は、臨床心理士の資格ポイントになっています。

※パートナーによる情報交換や疑問を解消する場として、フェイスブックでグループ交流が行なわれています。

講師からのひとこと
森川綾女

森川綾女

――TFTについて教えてください

TFTの創始者は、アメリカのロジャー・キャラハン博士です。

認知療法の専門家ですが、認知を変えても恐怖で行動できない症例に取り組む中で、東洋医学の活用に行きつきました。

私たちの身体にはもともと生体を維持するエネルギーが備わっており、エネルギーのバランスは健康の指標です。

そのエネルギーの流れである経絡、つまりツボを刺激することで、心のバランス力を後押ししようというのがTFT(Thought Field Therapy 思考場療法)です。

――思考場とは?

何か特定のこと・人・状況を思い浮かべたときに、その記憶や感情などの情報があるところを「思考場」と呼びます。
ネガティブな感情を持っている、仮想空間をイメージしてください。
TFTはここにアプローチするのです。
誰かとケンカになったとき、失敗したとき、ショックなとき……
思い出すとわき起こるいやな気持ちや身体の反応があるとします。
TFTは一連のツボをタッピングすることで、その反応をしずめます。
つらさの中にひたっていると視野が狭まり悪循環になってしまうので、回路を切り替えるような感じです。

――どんな場面で活用されていますか?

TFTでは、ストレス・うつ・怒りやイライラなど、さまざまなつらさごとにタッピングの手順があります。
さらに、依存的な衝動を止めるためにも使われます。
むしゃくしゃして甘いものを食べたり、アルコールやギャンブルで憂さを晴らすなど、ストレスへの不健康な対処がクセになっている人は多くいます。
ストレスを感じたときにタッピングという手順を入れることで、不健康な行動パターンに直結するのを防げます。
大人だけでなく、スクールカウンセラーや養護教諭など、子どもを支援する立場でも使われています。

大きな利点は、言葉での説明が必要ないことです。
子どもがふさいでいるときに、「ちょっと一緒にトントンやってみようか」と声をかけます。

こうして、まずは身体から嫌な感じを抜いて落ち着いてもらってから、「何があったのかな?」と話を聞くこともできます。

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

参加者の声より

  • 頭で考えても核心にたどりつけない感覚があった。 TFTは気持ち・心と身体の両面に働きかけられて、掘り下げられる。(K 保健師 神奈川)
  • ふだんの診療やセルフケアのため、簡単にできる身体技法が知りたかった。 いろんなレベルで使える便利さと幅が魅力的。 過去のことを「流していく」という扱い方を、これから使ってみようと思いました。(T 医師 神奈川)
  • 人間関係に不安や怒りを感じた際、『Be!』の記事を見ながらTFTをしたらふっと楽になったので参加。 身体に痛みが出やすいので、痛くなったら教えていただいた手順を使いたい。(N AC・依存症回復途上者 東京)
  • 心理療法をいろいろ学ぶ中で、身体へのアプローチの必要性を漠然と感じていたので参加。 各症状に対するタッピングの方法が役立つ。 1日の研修の中で、ペアを変えて何度もロールプレイで体験できたのがよかった。(S 臨床心理士 静岡)
  • 傾聴し、問題にフォーカスすることを学べたこと、体験し実感できたことが印象に残った。 ふだん身体の感覚、感じていることにいかに意識を向けていないかよくわかった。 カチカチの土に空気がふわっと入った感じです。(M 保健師 兵庫)
  • 身体のトリートメントを受けている最中、人に触られると嫌な感じだったり、ブロックしている何かを感じ、それを外したいと思って検索し、TFTを知りました。 本を読みながら一人で行なうよりも、話すことで気づいたりフォーカスしたい思考が定まることによって、TFTをしたあとの変化が大きかったです。楽しい講座でした。(M 学生 千葉)
  • 自分自身と、家族へのケアの方法を知るため参加。 科学的な説明にとても納得がいった。先生の話はとてもテンポがよく、わかりやすかった。(N 保育士 岩手)
  • 以前、心理士からセルフケアのためにTFTを教わったが、もう少し詳しく知りたくて参加。先生の説明がシンプルでわかりやすかった。 また、心の中にあったストレスを今回のセミナーで扱うことができ、よかったです。(H 保健師 千葉)
  • すぐに使える、生徒がセルフケアできる。先生の指導のもと、一緒にできて、自分自身が感じられたことが一番よかった。 疲労感がありませんでした。教えていただいたことを広めていきます。(S 教員 静岡)
もっと知りたい人に