セミナーカレンダー

2017年07月 2017年08月 2017年09月 2017年10月

「自分で自分のメンテナンス」体験セミナー 企画中

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

「どんな自分になりたいのか、見えてきた。“なれる!”という力がわいた」(参加者の声)

――たくさんのワークをやりながら、自分自身に気づき、望みをはっきりさせ、そのために役立つ道具を手にします。

日程

企画中

時間 10:30~17:00
定員 16名
参加費 10,800円(税込)
講師

近藤京子
(依存症プログラム・コーディネイター/ASK編集部スタッフ)

場所

アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F)

その他 セミナーは公費(請求書払い)での受講もできます。公費での参加をご希望の場合は、お電話(03-3249-2551)でお申込ください。

セミナー詳細

【プログラム】

さまざまなワークを通して、自分の内側をメンテナンスしていきます。
グループや全体で分かち合いながら進行します。

【ワーク1】ウォーミングアップ

【ワーク2】あなたはどんな人?

【ワーク3】私の温度計

【ワーク4】セルフエスティームの車輪

【ワーク5】私のニーズ

【ワーク6】私がいらないもの

【ワーク7】タイムマシンのワーク

※細かい内容は、参加者の状況その他に応じて変更になる場合があります

「自助ツール」とは?

アルコール・薬物などの依存症、AC、さまざまな心の問題など、共通の課題を持つ人たちは、それだけで互いを助け合うことができます。
そのための「仕掛け」が、自助ツール。安全性を保つために、一定の距離やルールが構造化されています。

講師からのひとこと
近藤京子

近藤京子

誰もが、自分の人生を変えていく力を持っています。

どうなりたいのか、そのために何が必要なのか、今どんなことでモヤモヤしているのか、そこを抜け出すにはどうしたらいいのか、いちばんよく知っているのは自分自身です。

けれど私たちはときに、変化を怖れます。
新しい一歩を踏み出すには、まずは自分に対してそれを許すための、ちょっとした勇気が必要です。

自分の持っている力を確認し、整理して、磨きあげる、そんなメンテナンスの一日を
ぜひ一緒に過ごしてみましょう。
皆さまにお会いするのを楽しみにしています!

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

参加者の声より

  • ストレスで休職し、今後について悩む中で参加しました。すべてのワークに意外性があり、取り組むうちにポジティブな未来像ができていくのが新鮮でした。漠然と求めていたものを言葉にして人に伝える中で、「どんな自分になりたいのか」が見えてくる、「なれる!」という力を感じる……そんな一日でした。(Y 東京)
  • 我慢しなくていいこと、ほしいと思っていいこと、幸せになりたいと思っていいことを、学び、感じました。「セルフエスティームの車輪」をお守りにします。(Y 宮城)
  • 共依存の回復のため参加。「私がいらないもの」「タイムマシンのワーク」をやってみて、今までは教員を続けるかやめるか考えていましたが、部分的に改善する方法もありなのだと思いました。(Y 富山)
  • 「私の温度計」のワークは、自分の状態を知るのにとても役立つと思いました。「タイムマシンのワーク」は、本当にうれしくなり、夢を実現する気満々になりました。(N 北海道)
  • 夫がアルコール依存症になり、自分も自助グループにつながり、自分を振りかえる手段のひとつとして参加しました。時間がたつのを忘れるぐらいよかった。自分の「疲れ」に気づいて、ケアする方法を学びました。人ごみが苦手で人見知りの自分が、ここまで勇気をふりしぼって来て、本当によかったです。(S 福島)
  • 人の言葉に振り回されて疲れやすく、現在ひきこもりです。「自分のメンテナンス」という言葉に魅力を感じて、セミナーに初めて参加しました。「意外とできる」と思いました。「セルフエスティームの車輪」がすごくよかったです。他の方たちの言葉も聞けたことで、自分が元気になれる言葉のボキャブラリーが増えた気がします。(W 静岡)
  • 援助の仕事で役立てられたらと思ったため参加。「セルフエスティームの車輪」は、自分自身のメンテナンスの上でも、仕事でも、すぐに使えそうだと思った。ワークは分かち合いが多く、さまざまな考えが聞けて、自分自身を見つめることができた。人の力、グループの魅力を再確認できた。何よりセルフケアになった。(O 宮城)

タグ:

生きる力
もっと知りたい人に