セミナーカレンダー

2016年10月 2017年04月 2017年05月 2017年06月 2017年07月

フォーカシング入門

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

フォーカシングとは、まだ「ことばにならない何か」に注意を向けることで、自分の内面の声に耳を傾けるやり方。

感情とのつきあい方を学ぶ講座です。
たくさんのワークを通して、身体の反応に注目し、もやもやの中身をさぐる練習をします。

「感情」のテーマに関心のある方、決められない問題を前に迷っている方、近ごろ自分を大切にできていない……という方にも。

日程

7月コース:7月1日(土)

時間 10:00~17:00
定員 15名
参加費 15,120円(税込)
講師

堀尾直美
(臨床心理士 国際フォーカシング研究所認定フォーカシング・プロフェッショナル)

場所

アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7 友泉日本橋浜町ビル7F)

その他 セミナーは公費(請求書払い)での受講もできます。公費での参加をご希望の場合は、お電話(03-3249-2551)でお申込ください。

セミナー詳細

★忙しい日常の中で「自分を取り戻す」時間を持ちたい方、あれこれ考えて堂々めぐりになったり自分を責めてしまうパターンから抜けたい方、次のステップへのきっかけをつかみたい方・・・興味をひかれる方、どなたでも!
★援助者としてフォーカシングの技法に関心がある方にもおすすめです。

プログラム

●フォーカシングとは
●フォーカシングをやってみる
実習に必要な安全な環境
3つの要(フェルトセンス/受容的態度/ほどよい距離)
フェルトセンスを感じて言葉にしてみる
リスニングの初歩
クリアリング・ア・スペース(心の空間づくり)
デモンストレーション(ガイドつきフォーカシング)
自分で進めるフォーカシングと、そのリスニング

●おしまいに
効用/活用分野/心理臨床では
※細かい内容は、参加者の状況その他に応じて変更になる場合があります。

みなさんで体験しながら学んでいきましょう。
一人で・ペアで・小グループでの、ワークが中心です

フォーカシングとは?

アメリカの臨床心理学者・哲学者でシカゴ大学教授であったユージン・ジェンドリンが体系化したもの。

臨床の技法としてだけでなく、自己理解のための方法としても広まっています。
心理療法の中で人に「変化」が生じたとき、その人の中で何が起きているのか?

……という研究から構築されたプロセスで、身体の中にある「感じ」に焦点をあて、観察し、味わうことで、変化をうながす「気づき」が生まれてきます。

フェルトセンスとは?

ある問題や状況に対して、感じられるけれどまだ言葉になっていない複雑な感覚のこと。これに注意を向け、穏やかにていねいに感じていくことから、フォーカシングのプロセスが始まります。

講師からのひとこと
堀尾直美

堀尾直美

堀尾直美です。
私はフォーカシングを学んで、「感覚ってあてになるんだ、あてにしていいんだ」
「こんなふうに自分とつながれるんだ」ということを知りました。
そうして、自分と共にいて、自分の感覚を指針にし、実感を持って生きることができるようになりました。

講座の中で自分の感覚を言葉にするのは、誰かに聞いてもらうためではなく、自分と対話する方法を覚えるためです。今まで自然に「自分と対話する」ことをやってきた方もいらっしゃると思います。

ただ、それが自分を責めることで終わっていたり、同じような考えの堂々巡りに陥っていたり、ということが起きていませんか?
援助職の方も、クライエントにはやさしくなれるのに、自分自身には受容的な態度がとれずにいるかもしれません。
自責や堂々巡りを抜け出して、気づきを得たり、行き詰まりを乗り越えられる「対話のコツ」をつかみましょう。

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

参加者の声より

  • 自分の気持ちを大切に扱うことだけでなく、感情や問題をとりあえず「脇に置く」工夫やイメージするスキルを学べたことは、今後の自己成長につながると思います。 身体と心が悲鳴を上げている状態でここに来ましたが、来てよかったです。 先生のやさしい、やわらかい進め方が心をとかしてくださいました。(O 茨城)
  • 自分の中で起こっていることに関心を持つ、出てきたものをそのまま認める、そして十分に時間をかける…… 日々そういうことをせずに「自分の感情がよくわからない」と言っていることに改めて気づかされました。 繰り返しの練習は必要なんだということも。 最初はうまくできるかな、と不安でした。 でもそれも、「うまくやらなければ」という自分のいつもの思いこみの裏返しでした。 いくつかのエクササイズを通して、まずやってみることが大事なんだと気づかされました。 質問への具体的なアドバイスが助けになりました。(Y 神奈川)
  • 感覚を「信頼する」という言葉にひかれて参加。 静かに感じてみれば、誰でも本当は自分が幸せになるための答えを知っているんだろうなと実感しました。 感じないと思っていたけど、けっこう感じられるようになっている自分に気づいてうれしかった。(K)
  • 援助職として「クライエントの感情はわかるが自分の感情がわからない」状態で疲弊してしまった典型です。 同じことを繰り返さないために、自分に向き合うためのヒントを得たくて参加しました。 今日の体験を通して、調子が悪くなる前の引き金と自身の状態(特に身体反応)に焦点を合わせること、そのためにフォーカシングが役立つことを感じました。(O 東京)
もっと知りたい人に
  • 季刊〔ビィ〕Be!118号……特集/自分の感情、わかりますか?

    雑誌

    感情って、そもそも何? 感情に気づかないでいるとどうなる? どうやって感情に気づけばいい? トラウマと感情の関係は? PART1 感情って何?【岩壁茂】 PART2 感情とつながる方法【日笠摩子】 <…
  • やさしいフォーカシング

    書籍

    本書は、心理学的なセルフヘルプ(自己援助)の方法である フォーカシング入門の決定版ともいえる書籍です。 フォーカシングなんて聞いたことがない、はじめてだという人でもわかるよう、 たいへんやさしく、わか…