セミナーカレンダー

2016年12月 2017年01月 2017年02月

共依存から抜け出すワーク

今に焦点をあて、明日を生きる力をつくる

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

健康に「自分を満たす方法」がわからないまま、誰かとの関係にすべてをかけてしまう。
相手の問題を解決することに必死になる。
いくらがんばっても、これでいいと思えない。
仕事や酒やギャンブルなどにのめりこむ。

……こうした生き方の背景には「共依存」の問題があります。

周囲の期待や基準を優先して「自分は二の次」で生きてきたために、自分の感情や自分の価値が見えなくなっているのです。

そのパターンから抜け出して、新しい生き方を始めませんか?

日程

企画中

時間 両日ともに10:30~16:30
定員 15名
参加費 29,160円(税込)
講師

水澤都加佐
(アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター所長/HRI所長)

場所

アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F)

その他 セミナーは公費(請求書払い)での受講もできます。公費での参加をご希望の場合は、お電話(03-3249-2551)でお申込ください。

セミナー詳細

★自分を犠牲にして誰かに尽くす、相手の問題に振り回され続けている、周囲の期待に応えようとひたすら努力する……などのパターンで苦しくなっている人のために。また、自分自身の問題の背景にある「空しさ」の正体を探りたい人のために。
★他人ではなく自分自身に焦点をあて、自分を追いつめる思考や行動を変えていく作業をします。

2日間のプログラム

●共依存とは何か
●苦しさや空しさはどこからくるか
●共依存は何を引き起こすか
●自分の中にある力や資質に気づく
●明日を生きる自分を再構築する
など

※細かい内容は、参加者の状況その他に応じて変更になる場合があります

講師からのひとこと
水澤都加佐

水澤都加佐

水澤都加佐です。

「共依存」って、いったい何でしょうか。

本屋さんに並ぶ書籍でも、インターネット上でも、本当にさまざまな言い方、使い方がされています。知ったことで力となる情報もあれば、不安になり傷ついてしまうものもあります。

このセミナーでは、「共依存とは何か」を皆さんと一緒に考えながら、つかんでいただきます。そして自分の中の苦しさや空しさや違和感などを理解し、その中でも生きてきた力に気づき、もっと楽になるための具体的な方法を探っていくのです。

ご自分を見つめなおし、生き方を変えていくきっかけになる2日間だと思います。
どうぞご参加ください。

お申し込みはこちら お申し込みはこちら

申し込みボタンを押すとオンラインショップに移動します。
オンラインショップで決済をお願いいたします。

お申し込みの前に必ずセミナーに関する注意事項をご覧下さい。

参加者の声より

  • 人間関係にうまく入れなくて、孤立してしまう私。 「自分は愛されない」と暗く落ちこんでいた気持ちから、帰りには何か晴れ晴れとしたさわやかな気持ちになりました。(Y 福島)
  • 自分が大切にしたいことは何かを、知ることができた。 困っていることに、具体的な方針を見つけられた。 温かい時間をゆっくり過ごすことができました。 心がほぐれていくのを実感。東京に来てよかった。 本当によかったです。(M 愛知)
  • 夫の飲酒問題・子どものいじめ問題・母との闘争…… 長い道程になりそうだけれど、自分を肯定して現在の問題に取り組むパワーが得られた気がする。(M 神奈川)
  • 離婚の問題について正面から向き合っていきたかったから、参加しました。自分だけじゃなく、妻や子ども、自分の親の立場でも考えることができました。 今度はもう一度、妻と一緒に来てみたいと思います。(T 群馬)
  • 自分の行動パターンを振り返り、確認できたこと、また、問題を焦点化すること、自分を変えるための手順を学べたことがよかったです。(K 新潟)
  • ただ講義を聞くという形ではなく、先生とのやりとりや、他の人とのやりとりで、学ぶことができた。 先生は一人一人の質問に適切に答えてくださり、温かさを感じました。安心できる場で、よかったです。(K 三重)
  • 仕事で委縮してしまう自分がいやで、苦しくなって、ここに来ました。 さまざまなワークなど、行動を通してやれたことがよかった。 変化のきっかけがいろいろ見つかりました。(S 滋賀)
  • 子どもの薬物問題、夫のギャンブルや女性問題…… 自分が壊れそうな、いえ、半ば壊れかけていました。 まず私自身の回復が優先だとわかり、まだ間に合うと希望がもてたこと、楽になれそうな見通しが持てたことがよかったです。(K 長野)

タグ:

共依存
もっと知りたい人に