[季刊ビィ]Be!
Be!バックナンバーPDF販売
書籍
冊子
電子書籍
DVD・CD
アルコール体質判定セット
予防の「ナンジャ」シリーズ
人間関係・生き方
アルコール通信講座
飲酒運転防止 通信スクール
よくある質問
特別ワークショップ
海外研修
アサーティブとは?
ライフスキルとは?
小・中・高への出張講座
大学への出張講座
教師・保護者向け出張講座
企業研修
講演・グループ研修
水澤都加佐
岡本正善
木村久子
中野満知子
鷺島利佳
岩重ななえ
今成知美
近藤京子
紙谷名枝子
海外からの講師
ごあいさつ
会社概要
交通案内
共依存と私
ACとインナーチャイルドワーク
グリーフワーク
怒りをどう扱うか?
バウンダリー(境界)ワーク
「恋愛依存」と見捨てられ不安
仕事で燃え尽きないために
家族をどう援助するか
介入集中セミナー
ASK Human Care inc.<出版・セミナー・通信講座> オンラインショップアスクの電子書籍
HOME 出版 セミナー 通信講座 出張講座 講師紹介 専門職の方へ 企業の方へ 会社概要 お問合わせ
ツイッターでフォローしてください!

テーマで選ぶ
TRUE COLORS日本版
らくらく人間関係術
ちょっと疲れたあなたへ
夢や目標を形にする
共依存/アダルトチルドレン(AC)
依存症/アディクション
健康日本21/予防教育
職場のメンタルヘルス
詳しい説明を見る
[季刊ビィ] Be!
Be!バックナンバーPDF販売
アサーティブトレーニング
Win-Win交渉術
TRUE COLORSセミナー
グループ・ファシリテーション
メンタルトレーニング
ストレス・マネージメント1日講座
身体と心をつなぐ
水澤都加佐のセミナー
感情ストップ
自分で自分のメンテナンス
通信セミナー 私を生きるスキル
アルコール通信講座
アルコール体質判定セット
ASKリバーシブル予防パンフ
予防の「ナンジャ」シリーズ
飲酒運転防止プログラム
読み物
そのまんまブログ
  水澤都加佐の
「自分を好きになる言葉」

今成知美の「気ままコラム」
アサーティブと私
研修相談センターからのお便り
編集部の「言いたい放題」
ある日のオフィス

情報検索
[季刊ビィ]Be!総もくじ
アディクション追加情報
キーワード集
<空> セミナー開催カレンダー
<空> 講演スケジュール
<空> イベントデータ
<空>
サイト内検索
 
リンク
ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
アスクキッズ アスク・キッズ(薬物予防教育)
自分らしく生きるための道具箱
 

特別講座
―身体と心をつなぐ―

オイリュトミーと
フォーカシング

   
   
 

忙しさの中で、

自分の感覚を見失っていませんか。


同じような考えや、感情の中で、

ぐるぐる回りしていませんか。


自分のことを「どこかで聞いた言葉」で説明して、
それで終わりにしていませんか。


身体の中に感じる、

まだうまく言葉にならない感じ……

 

そこにゆっくり注意を向け、

感覚を開いてみましょう。


あなたにとって大切な意味に

気づくかもしれません。

セミナー風景1

   
 

 オイリュトミーとは?
日本でも「シュタイナー教育」で知られるようになった、
ルドルフ・シュタイナーが提唱した「動きの芸術」です。
オイリュトミーは「美しく調和のとれたリズム」というギリシャ語に由来しています。
言葉や音とともに自然と開いていく、自分自身の感覚を楽しんでみてください。

 

 フォーカシングとは?
アメリカの臨床心理学者・哲学者でシカゴ大学教授のユージン・ジェンドリンが
体系化したもの。臨床の技法としてだけでなく、
自己理解のための方法としても広まっています。
心理療法の中で人に「変化」が生じたとき、その人の中で何が起きているのか?
……という研究から構築されたプロセスで、身体の中にある「感じ」に焦点をあて、
観察し、味わうことで、変化をうながす「気づき」が生まれてきます。

 

効率や能率で評価される日常から「自分を取り戻す」時間を持ちたい方、
自分を責めたり周囲を攻撃してしまういつものパターンから抜けたい方、
次のステップへのきっかけをつかみたい方、自分をとらえる新しい方法を探している方、
「なんだかよくわからないけれど、興味をひかれる」という方、どなたでも!


援助者として、フォーカシングやオイリュトミーに触れたい方にもおすすめです。

   
 
2日間のプログラム

まずオイリュトミーで、日頃閉ざしがちな自分の感覚に気づいていきます。
そこからフォーカシングの流れに入って、
自分の中にある「気になる感じ」を扱う方法を体験します。

 

内容から一部をご紹介――
●身体を外から感じる、内から感じる
●心と身体の収縮と解放を体験する
●わきおこる「感じ」を観察する
●「感じ」を表現してみる
●相手と組んで語り、聴く
●言葉を感じる/音に共鳴する
●美しい詩や音楽とともに動いてみる
●ともに創った空間を味わう

 

*レクチャーよりもワークが中心です。
*動きやすい服装でご参加ください。靴を脱いで床に座っていただきます。
気になる方はバスタオルなどをお持ちください。
*2日間のうち1日は、ライアーという竪琴の奏者が入ります。
音色をお楽しみに。

※細かい内容は、参加者の状況その他に応じて変更になる場合があります

 

 

■講師:岩重ななえ
■場所:アスク研修室(東京都中央区日本橋浜町3-16-7 友泉日本橋浜町ビル7F) 

■2日間の連続セミナー 10:00〜16:00
■定員:14名
■参加費:28,350円(税込) 

■お申込前にご利用案内をご覧ください。

 (常設セミナーの扱いに準じます)

 
   
 

 

 
講師からのひとこと
岩重ななえ
岩重ななえです。

毎日、いかがお過ごしでしょうか?
私たちは、今や子どもたちまでもが、
「こなさなくてはならない様々なこと」の中に生きています。
そのような毎日の只中で、「自分の生き方はこれでいいのかなあ」などと、
とっくり考えてみることは、なかなかできないまでも、
ほっと一息ついて自分に注意を向けてみるのはいいことです。

知らず知らずのうちに歯を食いしばっていたり、息が浅くなっていたり、
反り返ってこわばった背中になっていないでしょうか? 
そのように、心も戦闘的だったり、逃げ腰だったり、迷走しているかもしれません。
オイリュトミーという動きを通して、私たちの身体と心が、
自然に「呼吸」をしていることに気づいてみましょう。そうすると、
それまで忙しすぎてかまっていなかった、
自分の内側のより深いところが語りかけてくるものに、
感覚が開かれていくことと思います。
そうして感じられたことをどのように扱うのか、
フォーカシングという方法で学んでみたいと思います。
みなさんが「ああ、私らしい!」と思える、生き生きした何かに かできないまでも、
ほっと一息ついて自分に注意を向けてみるのはいいことです。

出会うことを一緒に楽しみたいと思います。

 

 

   参加者の声
  参加者の声 フォーカシングに興味があったため参加しましたが、オイリュトミーが意外にも、
すごく楽しかったです! フォーカシングでは、自分の感覚・感情を表に出して、
それに「やさしくする」という新しいことを学べました。(K 会社員 東京)

 

参加者の声 身体を動かすことで心も動くし、
心が動いたときには身体も自然に動かすと心地よいなと思いました。
心を閉じておくクセがあるのを感じました。
時々安全な場所で自分を開いてセルフケアしたいです。(I 長野)

 

参加者の声 季刊『Be!』89号の記事を見て、今の時代には特に大切なことだと感じ、参加しました。
頭でっかちな私、もっと身体の声にも耳を傾けよう。生きていくのに大事なことを学びました。
岩重先生はエネルギッシュ。
「身体と心がつながる」ってこのことだと思いました。(K 看護師 茨城)

 

参加者の声 おもしろかった!! フォーカシングの方法で自分に聞いてみたら、
案外、うまくいきそうな感じがあると思った。心配せんでえーよ、って思った。
オイリュトミーってなんじゃ?と、もう少し知ってみたくなりました。(I 保健師 広島)

 

参加者の声 一日目にオイリュトミーの動きをしているとき、
まだ自分が何をしているのか感じ取れなくて、動いていて自分で笑ってしまいましたが、
2日目は何か言葉になりませんが、わかってきました。
また、今までがんばってきた自分の体を感じることができて、大変よかったです。
人ってお互いに影響しあうんだということも体験できた。(N)

参加者の声 いつも頭で考えがちだった。もっと自分の気持ちにやさしくしてあげたい。
気持ちよい2日間でした。(匿名)

 

参加者の声 自分の押し殺してきたものが解放できた気分。
今までリズムに乗って身体を動かすことがあっても、いい年をして! 
と自分にいい評価を与えていなかった。
しかし、それが「魂」の自然な姿であることを教えていただいた。
とにかく「魂の呼吸」ができたことがよかったです。(O 中学校教員 栃木)

 

参加者の声 もう少し自分をいたわってやらなければ、と思いました。
本当は子どもたちにこの感覚を知ってほしい、と切に思いました。(M 東京)

 

参加者の声 ほんの少し、身体の気持ちがわかった気がした。もう少し体験したいと思った。
自分の感情とか思ったことを話すのが苦手で、人前で話すのも苦手なので、
言うことができなかったですが、この2日間の体験はとても衝撃的でした。
身体も心も動いて、すごく疲れたけど、よかった。(Y 医師 北海道)

 

参加者の声 自分の問題や気になっていることを取り出して「おいておく」という
フォーカシングの方法は、今まで知りませんでした。先生や皆さんとオイリュトミーが
できてうれしかったです。ライアーの音は消えていくけど、心に残りました。
(T ホームヘルパー 埼玉)

   
 

 

 

お申し込みはこちら


・セミナーの日程、お申し込みはオンラインショップへ。

 

 (お支払い:クレジット決済、もしくは郵便振替を選べます)

 

・お申し込み前に必ず注意事項をご覧ください。(常設セミナーの扱いに準じます)

 

電話でのお問い合わせは、03-3249-2551(平日10:00〜18:00)

   

 

Copyright(C),ASK HUMAN CARE inc.All Rights Reserved.