季刊〔ビィ〕Be!94号……特集/たまっている気持ち、バッチリ伝える極意

  • 発行:2009年3月
  • 価格:864円(税込)
  • 発行元:ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)
  • 発売元:アスク・ヒューマン・ケア
  • A5判/114ページ
  • ISBN:978-4-901030-64-9

特集

たまっている気持ち、バッチリ伝える極意

もう我慢できない! 文句を言いたい!
こんなとき、対処法を間違えると、さらに気持ちが「たまる」結果に。
上手な伝え方のコツと対処法について紹介!

[1] どんなとき、気持ちはたまるの?
[2]「文句を言う!」前に準備すること
[3]カラッとサラッと上手に伝えるコツ
[4]気持ちをしずめる10の方法
[5]重い気持ちをためている人へ【征矢俊子】
「なるほど!」私の対処法
アサーティブ・トレーニングでは【木村久子】

インタビュー

マギー司郎さん
自分の本能を信じていれば、大丈夫

独特の茨城なまりをきかせたトボけた「お喋りマジック」で有名なマギーさんが出した著書『生きてるだけでだいたいOK』。どういう思いを込めたのだろう?

Topics

◆自殺対策の中で、なぜ「アルコール」が抜け落ちていたのか
・現状と最近の動きまで【竹島正】
・断酒会からの声【荒木守/萩山浩太郎】
・アルコールと自殺をめぐる数字【猪野亜朗】

◆モネッサ・オーヴァビィ来日ワークショップ報告

◆2年目のTC いよいよファシリテーター養成です

◆2008年に出たアディクション関連の本

好評連載

◆誌上トレーニング 動機づけ面接
<2>共感の中身を考え直す【原井宏明】

◆援助職でAC(37)命つなぐことが、父が生きた証。

◆赤木かん子の「児童文学は心の傷を読み解く宝庫だ!」
その2 児童文学は大人のためのものになった?

◆自分にOKを出すこんな言葉!<12>

◆チャコの「そのまんま」エッセイ!【木村久子】
<14>思いや気持ちを言い足せば……

◆メンタルトレーニング<12>場の「共鳴」という力【岡本正善】

◆依存症回復者に聞く 私の子ども時代

◆名物ドクターのアルコール教室【辻本士郎ドクターの巻】
第3回「やっぱり心のどこかには……」

◆ワーカーが答える家族のギモン(23)
夫の飲酒でさんざん苦労した。自助グループにつながって3ヵ月目。そろそろ離婚のことを話しても大丈夫でしょうか?【回答 服部正也】

その他

◆読者のページ/ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)のアクション/イベント・データ/ビィ用語集

もっと知りたい人に
  • 季刊Be!年間購読

    雑誌

    ★12月発行の増刊号も合わせて、年間5冊お届けします!