〈見すてられ不安〉に悩んだら: 実践! ナラティブ・セラピー

  • 発行:2017/11/14
  • 価格:1,870円(税込)
  • 著者:水澤 都加佐
  • 発行:春秋社
  • B5判/178ページ
  • ISBN:978-4-393-36546-5

【解説】

恋人から別れを切り出された時、リストラされそうな時、老いを自覚した時……。
誰しも、人間関係の断絶に怯えたり、喪失によって傷ついたりした経験があるでしょう。
〈見すてられ不安〉を覚えても、前へ進める人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょう?
ベテランカウンセラーが、不安にふりまわされる仕組みを分析、よりよい人生のシナリオを描く方法を伝授。
ワークシートも充実!

【目次】

第1章 見すてられ不安とはなにか

見すてられ不安と共依存 地雷に触れてしまうとき 典型的な行動

第2章 不安の種がまかれるとき

自分のために過去を振り返る 子どもが健康に成長するために必要なこと 子どものパワーを奪う行為 地雷になるまえに 刷り込まれたものを手放す

第3章 ゴールを思い描く

習慣を変えるということはどういうことか 回復に要する時間 再発の罠 回復とはどういうことか

第4章 見すてられ不安をのりこえるための実践

ナラティブ・セラピーという選択 専門家の役割とは 家族はどこまでできるのか 「問題=私ではない」という考え方 ナラティブ・セラピーのステップ  

 【第1のステップ】問題と自分を分離する  
 【第2のステップ】問題の持つパワーを知り、問題を解体する  
 【第3のステップ】自分の資質とパワーを知る  
 【第4のステップ】自分の資質とパワーで人生の物語を描きかえる

おわりに