自分の「怒り」と向き合う本

  • 第1版:2012年9月30日
  • 価格:1,512円(税込)
  • 発行:実務教育出版
  • B5判/235ページ
  • ISBN:978-4-7889-0806-2

目次

・プロローグ:間違いだらけの「怒り」のイメージ
第1章 なぜ人は「怒り」を感じるのか
第2章 抑圧された過去の「怒り」が”地雷化”する
第3章 機能不全家族が生み出す「怒り」の連鎖
第4章 「怒り」を表現することが苦手な日本人
第5章 「怒り」をコントロールする「アンガーマネージメント」
第6章 自分の感情を確認し、表現するエクササイズ
第7章 「怒り」からの脱出法・TDM
・エピローグ:いま、日本人に求められる「怒りのマネジメント」

プロフィール

■水澤都加佐
学習院大学卒。日本社会事業大学研究科修了。神奈川県立精神医療センターせりがや病院・心理相談科長を経て、
1994年より(株)アスク・ヒューマン・ケア取締役・研修相談センター所長。アメリカでアディクション問題への
アプローチ、さまざまな援助技法を学ぶ。2005年、横浜にHealing&Recovery Institute(HRI) を開設。
→水澤都加佐のプロフィールを見る
■スコット・ジョンソン
アディクション問題に関するカウンセラーとして、個人療法と集団療法を自身のオフィスで行う傍ら、Academy Profesional
Excellentでは、ソーシャル・ワーカー対象の教育プログラムを担当している。
アメリカだけでなく日本、メキシコにおいて数多くの講演やセミナーを行っている。
■黒岩久美子
慶應義塾大学文学部英米文学科にて現代アメリカ文学を学ぶ。
卒後化粧品メーカーでコピーライトを経て、現在フリーにて活動中。
「アンガーマネージメント」や「グリーフワーク」の研究を重ねる。