傷つけられていませんか?…虐待的な関係を見直す

  • 初版:2008年5月
  • 価格:1,404円(税込)
  • 著者:カーリーン・コブ
  • 監訳:水澤都加佐
  • 訳:水澤寧子
  • 発行:大月書店/10代のセルフケアシリーズ(6)
  • B6判/126ページ

解説

傷つけられる関係とはどんなものか?
児童虐待からいじめ、ストーカーまで。家庭、学校、友人、恋愛関係の中で、虐待を受けたとき、何ができるかについて書いた本です。虐待の定義、種類、対処法、セルフケアのほか、関係の切り方や、友人が虐待を受けているときにできることも紹介。自分はこの世に一人りしかいないかけがえのない存在…それを忘れないことが大切だと語ります。
→水澤都加佐のプロフィールを見る
→同シリーズの訳書「なぜ自分を傷つけるの?
…リストカット症候群」を見る
→同シリーズの訳書「共依存かもしれない…他人やモノで自分を満たそうとする人たち」を見る
→同シリーズの訳書
わたしの家族はどこかへん?…機能不全家族を見る
→同シリーズの訳書
PTSDってなに?を見る
→同シリーズの監修眠れない、起きられない……子ども・若者にも広がる睡眠障害を見る

目次

はじめに …傷つけられていませんか?
1.3つの虐待的な関係とは?
2.家族は最初の人間関係
3.家族に傷つけられたらどうする?
4.友達との関係を見なおす…グループからのぬけ方
5.学校での人間関係をどうするか?…いじめも虐待
6.デートでの問題…支配されていいませんか?
7.愛が危険な関係に変わるとき
8.関係をたちきったあと…自分を大切に
監訳者あとがき