共依存かもしれない…他人やモノで自分を満たそうとする人たち

  • 初版:2006年4月
  • 価格:1,512円(税込)
  • 著者:ケイ・マリー・ポーターフィールド.
  • 監訳:水澤都加佐
  • 発行:大月書店/10代のセルフケアシリーズ(3)
  • B6判/174ページ

解説

必要以上に他人につくしたり、何かにのめりこんでしまう共依存。なぜそうなるのか、抜け出す方法はあるのか。わかりにくい<共依存>について簡潔にまとめた一冊。「10代の頃は誰でも自信が揺らぎ、他人の考える人間像にもとづいた生き方をすることがあります。一方、共依存の10代は強い不安にかられ、他者からの承認を求めるため多くの時間とエネルギーを費やします。他に対処する方法を知らないためにそうしているのです」……10代だけでなく、自分を愛せない大人たちのために。
→水澤都加佐のプロフィールを見る
→同シリーズの訳書「なぜ自分を傷つけるの?
…リストカット症候群」を見る
→同シリーズの訳書わたしの家族はどこかへん?
を見る
→同シリーズの訳書傷つけられていませんか?…虐待的な関係を見直すを見る
→同シリーズの訳書
PTSDってなに?を見る

目次

はじめに……共依存かもしれないと思ったら
1.共依存ってなに?
2.共依存のウソとホント
3.どうして共依存になるのか?
4.インナーチャイルド(内なる子ども)とは
5.自己否定のゲームに打ち勝つ
6.自分の感情に向き合う
7.気持ちを伝える
8.信頼することを学ぶ
9.境界線を設ける
10.自分の人生を引きうける
11.共依存をつくりだす社会とは
監修者あとがき