もちきれない荷物をかかえたあなたへ

  • 改版:2004年6月
  • 価格:2,160円(税込)
  • 割引:20冊以上は電話(03-3249-2551)注文で2割引
  • 著者:クラウディア・ブラック
  • 監訳:水澤都加佐
  • 訳:鈴木美保子
  • 発行:アスク・ヒューマン・ケア
  • 四六判/222ページ
  • ISBN:978-4-901030-02-1

解説

人生という旅を歩むあなたのバケージ・カートには、何が入っている?
重たすぎる荷物を、どうおろしたらいい?
摂食障害、依存症、性虐待……いくつもの課題をのりこえる生き方の秘訣を、AC概念の生みの親クラウディア・ブラックがやさしく語る。
多彩なケースを紹介し、一人一人の違いに注目。
クロス・アディクションからの回復を応援する。

目次

アダルト・チャイルド(AC)とは?
ACの旅に関してのちょっと長い序章
1章 私にとっての「食べ物」の意味(摂食障害のACのために)
2章 しらふの生活に壁が立ちはだかるとき(依存症になったACのために)
3章 解き放った怒りの向こうに(性的虐待を受けたACのために)
終章 軽装備で旅をつづけるために
巻末資料/機能不全家族とは?・子どもを育む家族とは?・ACОAのための洗い出しリスト・摂食障害のチェックリスト・アルコール依存症のチェックリスト・主な自助グループと相談先

クラウディア・ブラック

ソーシャルワーカー、社会心理学博士。家族システムとアディクション(依存症・嗜癖)についての研究の第一人者であり、ファミリーセラピストとしての評価も高い。世代連鎖の問題に光をあてた名著『私は親のようにならない』(邦訳は誠信書房刊)はミリオンセラーとなり7ヵ国語に翻訳。本書はその続編にあたる。現在アメリカ北西岸の小さな島に、編集者で夫であるジャック、犬のクィンとケイティと暮らしつつ、講演や臨床家へのトレーニングで世界をめぐる。アスク・ヒューマン・ケアの招きで1998年、2003年に来日。

もっと知りたい人に
  • 子どもを生きればおとなになれる

    書籍

    おとなとして社会に適応していても、実はおとなになりきれていない。 でもそれは「子どもっぽい」という意味とはまったく違う……。 おとな=自分を幸せにできる人。 そのために必要な<インナーアダルト>の育て…